HOME | ABOUT | PROFILE | WORKS | CONTACT
佐々木のいぐすり世代 #9

 超水道ブログ、久々更新です。

 何はともあれ今更ながらに夏コミお疲れ様でした!



 夏コミでは多くの方が超水道のスペースに来てくださって、お話してくださったと他の三人から聞きました。
 その時のことについては、直接コミケに参加したメンバーがブログで書いてくれるはず!

 さて、八月の終わりが近いです。

 夏休みの終わりで宿題に明け暮れている方もいるかと思いますが、忘れちゃいけない超水道・夏の読書感想文コンクール2012!!



 〆切は8月31日ですので、お早めにね。

 一方自分はと言えば、超水道一同が夏コミやその後の雑務に追われている間、バイトや帰省などでウロチョロしていたわけですが。

 超水道全体としては『森川空のルール・再』制作に向けて動いています。

 そんなわけで、自分も以前Twitterでちょろっと話題に出した超水道オリジナルTシャツ企画をじりじり進めているところ!

 デザインや見積もりが済んだらブログで過程をお伝えするつもりです。
 しかし、原価の高いTシャツ制作なので、受注生産になってしまうんじゃないかなーとお財布周りを確かめております。

 ですので気になる方は今のうちにへそくりを用意し、自分のスリーサイズを測定してオーダーサイズを決めておいてね!


 さて、間が空いてしまってみんなお忘れになっていそうなおすすめ映画紹介

 洋画が二本続いたところで、今週のおすすめ映画は邦画、『西の魔女が死んだ』
 けっこう有名な映画で、原作の小説も文庫が出ているので知っている方は多めの予感。

 主人公のまいは、おばあちゃんが倒れたという知らせを聞いた。
 母の運転する車でおばあちゃんの家に向かう途中、今から向かう家でイギリス人のおばあちゃんと二人で過ごした数年前の出来事を思い返す。

 ストーリーはこんなもので、中学校に入ってすぐ不登校になってしまった主人公、まいと、その祖母でイギリス人の「魔女」が森の中にある家で二人暮らしをするというものだ。

 学校の友達に合わせることをやめ、他人と関われなくなったまいに、おばあちゃんは魔女になるための修行を提案する。
 それは「なんでも自分で決めること」で、まいは自然豊かなおばあちゃんの家で、彼女のような魔女になるために修行を始めるのだ。

 物語の大半を主人公が過ごすおばあちゃんの家がとてもかわいい感じの家で、周りのきれいな緑と、きらきらした画面の雰囲気が優しい映画。

 調べてみると映画館大賞「映画館スタッフが選ぶ、2008年に最もスクリーンで輝いた映画」第59位を受賞しているようで、たしかに輝いている感はあるかと。

 ただ自宅の液晶に問題があるのか、映像加工のためか、少し画面がほんわりとにじんだような感じなので、高解像度でばっちりなハリウッド系映画になれているとびっくりさせられます。家だけだったらいいけれど。

 原作の小説も読んだけれど、おばあちゃん役のサチ・パーカーの演技がとても印象的だったので映画版もおすすめです。

 家族みんなで見ても、休日一人で観てもいい映画だと思います。
 観ればなんとなく帰省したくなる。

 公式サイトがフラッシュだったので、予告編動画はこちら!





 そして前回の記事にコメントが1件です。
 いつもありがとうございます!


  >ふぇさん

  >555かっこいいですよね!
  >平成ライダーはほぼ全部観てるけど555が一番好きです。オルフェノクの顔と名前は全部一致できる自信があります。

  >この調子で平成ライダー全部観て、いずれは新ライダーのシナリオライターを目指してください!


 ふぇさんコメントありがとうございます。

 555はほんとカッコいいですね! 記憶に残ってるライダーって結構少ないのに、その中でも印象強かったのはカッコ良かったからだと思います。ひときわ。
 この前カラオケ行ったらOP曲歌えるくらいには記憶に残ってました。すりこみ力すごい。

 今のところオルフェノクで一番デザインやばいと思ったのはカクタスです。
 色々な意味で尖った造形してていいですよね……

 この間555のDVD2巻を借りようとしたら目の前で颯爽と小さい子が借りていったのでじりじりしながら返却を待っております。
 新ライダーは志高いライターさんが書いてくれるのを待つばかりですが、ヒーローものはかっこいいから書いてみたいものです。

 そして最近気付いたけど、Φ(ファイ)ズ、だから仮面が縦割りだったんですね!





 みなさん、八月が終わりかけているということは、読書感想文の〆切まであと8日!!

 楽しみにお待ちしてます。


 「佐々木賞の特大ポスターでかすぎて貼るとこなくね?正直ジャマ」という一言がいつ飛び出すか恐ろしい、佐々木ケイでした。
author:佐々木ケイ(igusuri), category:佐々木のいぐすり世代, 22:17
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.sww.fool.jp/trackback/110