HOME | ABOUT | PROFILE | WORKS | CONTACT
すずめの焼き鳥秘境 #4


こんばんはー!
ようやく帰ってきました、「すずめの焼き鳥秘境(アイランド)」
第三回にして早くもネタ不足か?と囁かれつつも無事第四回目に突入です!ヮィヮィ!
大好きなあの子の胃袋を胃液でドロドロにしてやりましょう!

まぁしかし。
ネタ不足というのはあながち間違いではなく…

ぶっちゃけた話、山本すずめ流もクソもないのです!(何

メシテロはそれこそ、飯の数だけあるわけです。
全ての条件、全ての飯に適用できる方法論なんて存在しないに等しいわけで。

まぁ要は。


うまそうだったらいーじゃん!


っていうことなんですけどね…
何はともあれ、残り少ないネタをじわじわ食いつぶしていきますので、もうしばらくお付き合い下さい。


さてさて。
三回ほどメシテロ講座を開いてきましたが、みなさんいかがでしょう。
山本すずめ流メシテロ術を活かして、いつもよりちょっぴりうまそうなメシテロを遂行できていますか?

第四回目となる本日は、撮影技術についてもう少し掘り下げていきましょう。


あなたのメシテロをもうワンランク上に引き上げる撮影技術。

その名も…


『立体的に撮れッ!』


読んで字のごとく。そのままです!

飯を立体的に撮影することで、さらにうまそうに見せつけてやることが出来るのではないか…と。
実を言うと、これに関しては自分も研究中なんですが、メシテロリストを志すもの同士、情報共有していけたらなと思っております(

この立体的というのは例えば、ラーメンの麺を持ち上げて撮影したり。
いわば動きのある食品サンプルのようなものを想像してもらえればいいかなと。

まぁどういうことか、早速写真を見てみましょう。



うん、つまりはこういうことですね。立体的。
後ろの方がぼけていますが、その分手前の飯にピントが集中して、かなり劇的ですね!

果たしてこんなことでうまそうに見えるのかってなりますけど、自分はうまそうに見えると思います!
(単純に肉がうまそう…というのもあるとは思いますがw)


参考までにこちらの画像を見て下さい。
以前ネットで見つけたピザの写真なんですが、これに衝撃を受けたのを覚えています。

これ

いかがですか?
うん、美味しそうでしょう?

もちろん、この画像はありとあらゆる「うまそう成分」が凝縮されているとも言えます!
強く当てられた照明は飯の細部とツヤを劇的に演出し、背景の黒さは光を引き立て、飯そのものの鮮やかさを最大限に際立てています。

匂い、味、食感、温度…いろんなものが、たった一枚の画像からは鮮明に想像できますね。
この画像には見る者の五感に語りかける魅力があります。

しかしその一部を担っているのは、やはり、立体的な構図、立体的な撮影技術にあるのではないでしょうか?

立体的な構図は、カメラに切り取られた空間を、いつも以上に再現してくれます。
再現度の高い写真は、そうでないものより遥かに、その場の空気感をたくさん含んでいます。
簡単に言えば、雰囲気があるのです。

…と、まぁそんなわけで、飯を立体的に撮影することが、うまそうに見せる工夫になりえると思うわけです。


とは言ってもまだ研究中なので、立体的に撮影することで必ずしもうまそうに見えるわけではないかもしれません。
が、少なくとも写真を魅力的に撮る一つのアイディアには違いないと思います。


で、じゃあどう撮るのよ?立体的なんて言っちゃって…どうせ難しいんでしょ…。


それなんですが、簡単です!

立体的、というのは言いかえてしまえば「動きがある」ということだと思うのです。

その動き、はそう…
飯を食べる瞬間に、誰もがする動きです。
生まれてから今日に至るまで、刷り込みのように同じ動作をしているはずですね?

そうです。

「口に運ぶ」、という動き。

口に運ぶことで飯を食べているのですから、写真の中で同じように飯が動いているとしたら、それはもう食べて下さい!って言ってるようなもんではないでしょうか!?


写真を見た相手に、今まさに飯を食べる瞬間なのだ!!と錯覚させるのです!!!


自分について言えば、先程のピザの写真はまさにそれでした。

さぁ、早速飯を口に、いや、正しくはカメラに近づけて下さい。

もしカメラにマクロ(接写)撮影があれば一番いいんですが、ない場合はカメラのピントが目標の飯にしっかり合うようにして下さい。
そうすることで、背景が少しぼけてくれるはずです。
ほら、雰囲気は抜群ですね。

そのままシャッターを押してあげれば…もう、相手は錯覚してしまうことでしょう。


というわけでおさらい。


メシテロをワンランク上に押し上げるのは…


『錯覚させるほど立体的に撮れッ!』


以上、すずめの焼き鳥秘境でした!
みなさんも立体的な写真を撮って、大好きなあの子の胃袋を錯覚させてやりましょう!


…あ、それから!


超水道ラジオ(仮)についてのお知らせです!



超水道ラジオ(仮)では今後の配信に向けて、皆様からの質問を大募集中!
超水道メンバーが、皆様の質問にひとつずつ優しく、丁寧に、親切に、お答えします!!

また、コーナーについてのアイディアや、超水道ラジオ(仮)のタイトル案も募集中です!

質問は超水道ラジオ(仮)公式サイトのメールフォームからどうぞ!

その他意見や感想など、とにかく何でもOKです!
何かありましたら、ぜひぜひ投稿してくださいっ!

お便りどしどし待ってま〜す!


…そんなわけで。


っと!もうひとつ!

好評につき売り切れとなっていました森川空のルール・再 オリジナルサウンドトラックですが…


再生産いたしました!


じゃじゃーん

というわけで、サントラの通販が再開となります。

ちなみに…

再生産にあたり、レーベル面およびパッケージの一部のデザインが変更となりました。特にレーベル面は限定版と全く異なるデザインとなりますので、ご了承ください。



こんな感じ。
限定版とはまた少し違った趣を見せております!

ひとまず、通販が再開しました、ということで!
ご購入希望の方は こちら からどうぞ!


ではでは今度こそ。
今日はこの辺で!ばいばい!
author:山本すずめ, category:すずめの焼き鳥秘境, 20:10
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.sww.fool.jp/trackback/120