HOME | ABOUT | PROFILE | WORKS | CONTACT
カフェ・カサブランカと地上10と数メートルの空中都市
こんばんは、ミタヒツヒトです。
続きを読むまでもなく早速いきましょう!
超水道ボツネタ強化月間第2弾「カフェ・カサブランカ」。
よろしければイラストをクリックのうえ、大きなサイズで御覧下さい。
点を入れていただければもっといいです。



「カフェ・カサブランカ」あらすじ
涼女(すずめ)ちゃんは、素直すぎるだけなのでした。
高校生になったというのに、いつまでも素直すぎたせいで、周りとそりが合わなくなってしまいました。
自分の心を守るために、たくさん血の出てくる小説を読みました。V系を聴きました。ゴスロリ服に身を包みました。
いつの間にか彼女は、どこに出しても恥ずかしくない、立派なメンヘラになっていました。

幾度目の自殺未遂による入院が終わって数週間後。精神科でたっぷり薬の処方を受けた帰り道。
彼女の目の前に突如現れたのは、なんだか素敵な喫茶店。
からん、とベルを鳴らして入店すると、そこは「困った人の前にだけ現れる」魔法使いの店。
なんと、店主のややキモめのおじいさまは願いを叶えてくれる魔法使いなのです。
しかし、この平均より少し顔のいい女子高生は素直すぎるので、願い事などすぐには決められませんでした。
散々泣きわめいてリストカットをちらつかせた結果、願い事の猶予を貰う代わりに、
元ドーベルマン♂のお兄さんと、元野良猫♀の女の子に人間の何たるかを教えることになりました。

交渉術の勝利です。涼女ちゃんは現代の賢いオンナノコなのでありました。

「一体どうなるのかしら?」

他人ごとでつぶやく涼女ちゃん。そうして今日も、魔法使いの喫茶店「カフェ・カサブランカ」には、人生に困ったお客さまがやってくるのでした。



いつもとぜんぜん違う作風なんですが、ぼくもすずめくんも気に入っていたりします。うん。
「敵に回すと最高に恐ろしいけど味方にすると最高に頼りない」そんな主人公をダダダってやりたかったんですよね。
考えているだけで楽しいお話でした。
カフェ*カサブランカが正しい表記だった気がしないでもない。
さて、そんなわけで話題が前後して申し訳ないのですが、金曜日にアップしました「中空大地の鉄翼メガミ」に登場します「人工地盤」に行ってきたよ、というお話です。



さて、そんなわけでここは東京都板橋区西台駅。



駅の隣にその人工地盤は存在しております。

何気なく上を見上げると、そこには団地がそびえ立っていて、ずいぶん高い建物だな、と地上に視線を戻してみても、そこには建物の入口は見当たらなくて。
駅のとなりの階段を上った、上空十数メートルほどの場所には、こんな光景が広がっています。




ごく普通の広場にしか見えませんが、背景の建物とのバランスに、ちょっと違和感を覚えます。
上空数十メートルの世界に、ひとつの団地群がそびえ立っているのです。
この写真なんかわかりやすいかな。



ちなみに、地上部分は都営三田線の車庫として使われているそうで。
土地の有効活用としては素晴らしいような気がしますが、流行っていないところを見ると、何か問題があったのでしょうか。


でもって、この団地もなかなか古く、いい味出しているので、とても良い感じの写真が撮れます。






古びた団地の鈍重な存在感が、否が応にも胸を高鳴らせるこの感じ、少しでも伝わりますでしょうか?
圧倒的な重量感を感じつつも、その合間に目をやれば、不自然なまでに広い空。
そのたびに、ここがちょっとしたマンションの屋上より高い場所であることを思い出す。
そのたびに、その違和感に、自分の心が慣れてゆく。
足に伝わる感触は、いつも踏みしめているコンクリートのそれと変わりがないのに。
それなのに、どこかふわふわとした不思議な感じ。
浮き足立つとはこういうことか、と、国語の先生に怒られそうなことを思ってみたり。

しかしこの団地も、随分前にその最盛期は通りすぎてしまっているようで。
都市計画の一部だったということなのでしょうか。団地の下には役所のようなものもあったりします。
そうそう、外れにはなんと幼稚園も存在します。
また、もうつぶれてしまっていると思しき商店とその脇にある古びた自動販売機。
約十年前までは小学校までもがこの地盤の上には存在したそうです。
かつてそこにあった空中都市の残り香が、この空間にはまだ残っています。


/

外れの空中駐車場まで歩けば、そこにはどこまでも広い空が待っています。






天空と言うにはあまりにも地に近くて、上空、と言うのも、ちょっとおかしな気がしてしまって。
「中空大地の鉄翼メガミ」の発想は、ここから生まれたのでした。
ていうか写真使って説明する難しさに愕然としています。フォトレポートとかすごいんだなやっぱ。


そんなわけで、「ボツネタ通り」プロジェクト、引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます!


【おまけ】

昨晩すずめくんが謎の勢いで上げたオリジナル漫画。

author:ミタヒツヒト, category:ボツネタプロジェクト, 21:07
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.sww.fool.jp/trackback/130