超水道制作日誌(2018.9月号)

こんばんは、蜂八憲です。

 

みなさんいかがお過ごしでしょうか?
蜂八はだいたい元気です`( ´8`)´

 

さてさてそんなわけで超水道月報、今回は9月ぶんをお送りします。

今月の更新は、こちらの2本立てです!

 

・蜂八憲…………『東京ゲームショウ2018に出展します!』

・山本すずめ…『ありがとう!東京ゲームショウ2018!

 

それではどうぞー!(ノ´8`)ノ

 


 2018/09/04 蜂八憲
【東京ゲームショウ2018に出展します!】

 

お久しぶりです。蜂八です。
みなさまいかがお過ごしでしょうか。
蜂八はだいたい元気です。

さてさて。今回はまず、皆様に報告がございます。

 

◆イベント出ます!

 

超水道は、2018年9月20日(木)~23(日)に幕張メッセで開催される「東京ゲームショウ2018(TGS)」に出展します!

 

TGS2018

 

東京ゲームショウとはなんぞや?という方もいらっしゃるかと思いますので、デジタル大辞泉から引用をば。

 

とうきょう‐ゲームショー〔トウキヤウ‐〕【東京ゲームショウ】
日本で毎年秋頃に開催される、コンピューターゲーム・ゲームソフトに関する見本市。コンピューターエンターテインメント協会(CESA)が主催する。第1回は平成8年(1996)。米国のE3、ヨーロッパのゲームズコムとともに、世界三大ゲームショーの一。TGS(Tokyo Game Show)。

ExhibitList

 

というわけで、TGSに行ってきます!

展示するのは……そう、Nintendo Switch版『ghostpia』!

 

 

現在、TGSに向けて各種準備を着々と進めているところです。

選考を通過した嬉しさとともに、より一層頑張らねば! と一同 気を引き締めています……!

出展の詳細につきましては、改めてお知らせいたします!

 

 

◆超水道の近況

 

告知も終えたところで、超水道のその他近況です。
祝・TGS出展!というのが主なのですが、直近でもあれこれと節目を迎えておりました。

 

 

◆超水道月報、祝1周年

 

超水道ブログにて毎月末にお送りしている「超水道月報」ですが、先月(8月)分の更新をもって1周年を迎えました。
めでたい。そして時の流れの早さよ。

 

 

agenda
あれやこれやと会議しています

 

 

改めて「超水道月報」について。

簡単にご説明させて頂きますと……。
こちらのghostpiaクラウドファンディング(CF)アフターサポートサイトにて超水道メンバーがghostpia制作や近況に関する諸々を不定期で綴っているのですが、その記事を「月に一回くらいの頻度で超水道ブログにまとめるのはどうか」という話になりました。

いわゆる月報みたいなものですね!
\\ 超水道月報!//

なお、CFアフターサポートサイトはどなたでもご覧になれますので「随時チェックしてやるぜ!」って方は追っかけてくだされば幸いです。

(7〜8月号より引用)

 

「超水道のメンバーって普段なにやってるんだろう」というところがお伝えできればいいなと思いつつ。

来月以降も引き続き更新していきますので、今後ともどうぞよろしくお願い致します。

超水道月報 更新の予兆、月末おじさん

 

 

◆超水道、祝10周年

 

区切りという意味では、超水道が今年で結成10周年ということで。
めでたい。そして時の流れの早さよ。
自分が超水道に参加したのが6年前になりますが、しみじみしますね……。

10周年にあたって、ささやかながらも何かできればよいな、と皆で考えているところです。皆様も、何か案などあれば公式ちゃんまでどしどしどうぞ!

 

 

ではでは、本日はこのへんで。
蜂八でした!

 

 


 2018/09/12 山本すずめ
【ありがとう!東京ゲームショウ2018!】

 

こんにちは、こんばんは。おはようございます!

山本すずめです。

TGS終わって一週間。みなさんいかがお過ごしでしょうか。

いやぁ…それにしても、TGSすごかったですね〜!
国内外問わずたくさんの方に来て、見て、遊んでいただけて、実りのあるとても楽しい4日間でした。

 

 

◆ヨルの精神分析スタンドへようこそ!

 

TGSに来れなかったあなたのために、簡単に超水道のブースに何があったのかをご説明します。

僕らのブースがあるインディゲームコーナーは第9ホールにありました。
9ホールには他にVRコーナー、物販コーナーなどあり、一般公開日にはいずれも長蛇の列が出来ていたほど。
やっぱりみんなVR体験したいよね〜!(僕はVR酔いに弱いのでパスしました…)

 

Vp_Aw1Yw

 

ブースは人目を引く、いかにも手作り感MAXな木製の看板が。
ghostpiaを知っているみなさんにはおなじみの、ヨルの精神分析スタンドです。
(ghostpia.xyz にスマホでアクセスした方はイラストも見たことありますよね!)

 

IMG_1971

 

折り紙で作った輪っかとか、吊り下げられた電球(一目惚れしたLED電球!)とかめちゃくちゃこだわりました。
看板の文字は白ペンキでちゃんと描いてますからね!
……高校の文化祭を思い出しますね(遠い目)

 

看板からぶら下げられているiPad ProにはPVが常に流れており、ブースの後ろからでもご覧いただけたり。
Draftpiaを持って行ったので、試遊待ちの方にお見せして、待ち時間も飽きないように頑張りました。

 

IMG_1993

 

そして…正面には32インチの大型ディスプレイ。
やっぱり、Switch版とiOS版との違いと言ったら、まず思いつくのは「大画面で遊べる」こと!
迫力・没入感が違いますね…。

 

もちろん、違いはそれだけじゃありません。
TGSで実際に遊んでいただいた方はお気づきかと思いますが、雪の上を歩く小夜子の足音に合わせてHDな振動がしたり…
写真だと伝わりませんが、ghostpiaのglitchをリアルタイムに動くようにしたり。
追加のイラストがあったり、過去のイラストを修正したりして、よりリッチな演出になっておりました。

 

展示ギリギリまで頑張った甲斐あって、なかなか好評でした。
本当に嬉しかったですね…。

 

ちなみに。
ディスプレイで隠れていましたが…後ろにはちゃんと、ヨルと用心棒の小夜子がおりますよ。

 

IMG_1915

 

カルテを見て難しい顔してるけど何事もないといいなぁ。

 

 

◆たくさん配りました!

 

ブース付近では超水道メンバーが入れ替わり立ち替わりに配っていた「パンフレット」と「ステッカー」。

まさかそんなに配る?と思っていたパンフレット、なんと超水道史上最高部数の2000部を、4日間でほぼ配りきりました!
ほぼ2000人は超水道のブースの前でパンフレットを受け取っていったわけですから、これは結構すごいことですよ…。

で、肝心のパンフレットはこちら。

 

IMG_2074

 

裏にはghostpia言語が。訓練された人なら読めるらしいです。

 

IMG_2073

 

で、こちらがステッカー。

 

IMG_2072

 

アプリアイコンを模した小夜子のステッカーは、ghostpiaを知らない方にも「かわいい!」と好評でした。
まだどこかでたくさん配ると思いますので、欲しい方は超水道の動向をしっかりと!チェックしていてくださいね!

 

 

◆たくさん取り上げていただきました!

 

TGSで驚いたことの一つとして、本当にたくさんのメディアさんがブースを訪れてくださったこと。
4日間という短い間にこんなにも濃い体験があるのか、という驚きでいっぱいでした。
TGSってやっぱすごいね。

 

というわけで、記事執筆時点で確認できたメディアさんのご紹介!
ビジネスデイ初日から、TOKYO otaku modeさんのライブストリーミングに出演しました。
電脳少女のシロちゃんとか、アニメーターのすしおさんとか、その他そうそうたるメンツが登壇した舞台に、僕らも登ってお話しました。
めちゃくちゃ緊張したなぁ…。

 

otakumodeのTokyo Otaku Mode Live Stream Hut – Tokyo Game Show 2018をwww.twitch.tvから視聴する

 

続いて、VTuberのほのかかおり先生がいらっしゃって、インタビューにお答えしました!
まさかこういう形でとりあげてくださる機会が訪れるとは思ってもみなかったので、ビックリですね…いやぁ、いい時代です!
ゲームをこれから作ろうとしている方へのメッセージもありますよ。

 

 

ビジネスデイに突如、ブースに現れた電撃オンラインさん。
おそらく通りがかっただけなのかもしれませんが、話をしているうちに、気が付くと熱い取材が始まっておりました。
熱のこもった素晴らしい記事をありがとうございました!

 

電撃オンライン
Switch版『ghostpia』に期待するノベルゲームの新たな体験。何でも言い合えるチームの妥協なき物づくり【TGS2018】

 

その他にもたくさん取り上げていただきました。
メディア各社さま、本当に、本当にありがとうございます。

 

gamesindustry.biz
[TGS 2018]過去最大の規模に成長したインディーゲームコーナーをレポート

 

SQOOL.NET
【東京ゲームショウ2018】家庭用ゲームからインディーズゲームまで期待の新作が目白押し!気になったブースを一挙に紹介!

 

MIKAN
【TGS2018】MIKANなりのインディーゲームコーナー探訪。しりクイズからゲーム内ゲームクリエイターまで

 

ゲームキャスト
東京ゲームショウ2018で気になったゲームの情報をどんどん追記して一般日の見どころを伝えるまとめ

 

meet-i
ゲーム専用機と同じ舞台に立ったスマホゲームは改めて挑戦の段階へ。スマホメディアから見た「東京ゲームショウ 2018」レポート

 

 

◆やっぱりすごい、TGS

 

こうして改めてみると、色んな出会いがあって、ほんとにすごいイベントなんだなぁと感じました。
中には「ずっと昔に超水道の作品遊んだことあるよ!」っていう方がいたり、「超水道の作品好きで学生時代にやってて、いまゲーム作ってます」って方がいたり、「ghostpia大好きで、このために来ました!」という方もいたり。
とっても刺激的な、素晴らしいイベントでした。

 

10周年という節目になる年に、こういった大きいイベントに出展できたことはとても誇らしいし、ますます頑張っていかねば、と身が引き締まる思いです。

 

最後に、イベント出展にあたってご迷惑をおかけしたみなさま、お手伝いしてくださったみなさま、応援してくださったみなさま。
制作、展示の準備を一緒に進めてきた超水道メンバーに。
心からありがとうございました!

 

20180924

 

4日間立ちっぱなしで疲れたけど、めちゃくちゃ楽しかった!

 

ではでは、今日はこのへんで!

 


 

いかがでしたでしょうか。
来月も引き続き超水道制作日誌(月報版)を掲載していく予定です。
ではでは、次号(10月号)でまたお会いしましょう!

 

蜂八 憲

author:ミタヒツヒト, category:超水道月報, 20:00
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.sww.fool.jp/trackback/373