超水道月報(2019.2月号)

こんばんは、蜂八憲です。
寒さも厳しい今日この頃ですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。
蜂八はだいたい元気です。

 

さてさてそんなわけで超水道月報、今回は2月ぶんをお送りします。

今月の更新は、こちらの3本立てです!

 

・山本すずめ……『超水道、海を渡る – Taipei Game Show 2019 前編』

・山本すずめ……『超水道、海を渡る – Taipei Game Show 2019 後編』

・蜂八憲…………『2月14日といえば……?』

 

それではどうぞー!(ノ´8`)ノ

 


 2019/02/04 山本すずめ
【超水道、海を渡る – Taipei Game Show 2019 前編】

 

 

ご無沙汰しております、山本すずめです。
最近とっても寒い日が続いておりますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

僕は久々に40度近い発熱と激しい下痢・嘔吐を体感して、食のありがたみ、健康の重要さを実感しております。。

 

コミティアで僕のイラストが収録されたイラスト本が出ます!

 

食のありがたみ、といえば。

2/17日(日)に、コミティア127が開催されます!

今回、超水道や山本すずめ個人での参加はないのですが、サークル「鴨柳テルミン」さんの『食べ女子本』に僕もイラストを一枚寄稿させていただいております〜!

総勢40名以上?!のイラストレーターさんが参加されている豪華なイラスト本になっていますので、コミティアに参加予定の方はぜひぜひお手に取っていただけますと幸いです。僕も楽しみです…!

 

 

 

海を超えました

 

さて、超水道は1/24〜1/25の間、台湾で開催された「Taipei Game Show 2019」に参加してまいりました!

超水道としては初の海外。期待と不安を胸に、海を隔てた台湾の地でどんな5日間を過ごしてきたのか(イベント後には観光もしました)、前編・後編と2回に分けて、写真多めでお伝えできればと思います。

 

1月23日

1
羽田から台北へ。国際線が久しぶりすぎてやや緊張…

 

 

2
チケット取ったときはLCCだと勘違いしていたのですが、実はフルサービスでした。
機内食、結構美味しかったです。

 

 

3
そんなこんなであっという間に台北の松山空港へ到着。
3時間程度の距離感で、こんなにも近いのか!と驚くばかり。
空はあいにく曇ってます…

 

 

4

 

30
台北はバイクがたくさん走っています。
交通量もすごいけど、横断歩道を人が歩いててもめちゃくちゃグイグイ来たり、歩道を爆走したりしてるので軽くカルチャーショックを受けました…

 

 

5
街には繁体字が溢れていますし、日が暮れてもかなり活気があります。

 

 

6

 

7
いい感じの路地が多いです…!

 

 

8
初日の晩ごはんは、パブリッシャーのroom6さんと一緒に、有名な「鼎泰豐」というお店に。小籠包がとてつもなく美味しかったです…!明日からのイベントに向け、英気を養う時間。

 

 

9
晩ごはん後に立ち寄った西門という地区。「若者の街」という雰囲気で、なんとなく池袋とか新宿のような空気を感じました。可愛いものだったり、日本のキャラクターも溢れていました。

 

 

10

 

11

 

12

ホテルにチェックイン後、移動の疲れを癒そうとお風呂の水を貯めていると…

 

 

13

水が黄色い!?

ホテルの人いわく、パイプの清掃をしたせいだとかなんだとか…。どんだけ汚れてるんだ…
数時間お湯を出し続けてなんとかマシになったし、まぁ旅にトラブルはつきものでしょ、と僕はヘラヘラしていたのですが、まさかこの後、この台湾旅行中に笑えないほど恐ろしいことが起こるとは思ってもいないのでした…。

 

1月24日(イベント1日目)

14
イベント一日目は、ホテルの朝食バイキングから始まります。

会場まではタクシーで移動。5kmくらい走っても250元(日本円で約875円くらい)なのでめちゃくちゃ安いです…。

 

 

15
超高層ビル、台北101の足元にイベントホールがあります。
この台北101、101階建てらしく、めちゃくちゃでかいです。

 

 

16
というわけで初海外ゲームショウ!感慨深い…
テンションが上がります。

 

 

17
海外ということで。アルファベット表記です。

 

 

18

19
ポスターやポストカードも台湾用に翻訳してきました。

 

 

22
インディーコーナーには各国の開発者たちが集いました。

 

 

20
いらっしゃったお客さん方。
中国語版のデモが活躍しました。

 

 

21

 

31

一日目の展示はそつなく終わり、夜は名物の夜市へ。

 

 

29

 

23

 

24
揚げたクレープのような感じの食べ物。甘辛いタレとチョリソーが効いていて、美味しかったです。

 

 

25
かっこいい路地…。

 

 

27

 

28

心地よい疲労を感じながら、ホテルへ。
この日はお風呂の水も落ち着いていて(若干黄色かったですが…)無事に入浴できました。

ミタくんと一日目の反省をし、明日はイベント二日目だし明日も頑張るぞと意気込んで就寝。
そして、地獄のイベント2日目が始まるのでした…

 
後編へ続く!

 

 


 2019/02/10 山本すずめ
【超水道、海を渡る – Taipei Game Show 2019 後編】

 

 

こんばんは!山本すずめです。
前回に引き続き、Taipei Game Show 2019に参加するため、台湾へ行ってきた様子をお伝えいたします!

 

〜前回のあらすじ〜

Taipei Game Show 2019 出展のため、海を越え台湾へやってきた超水道。
小籠包の美味しさや、ホテルの水が黄色いことに衝撃を受けたりしながら、用意してきた中国語版のデモを駆使してなんとかイベント一日目を無事終えることができた。
夜市を楽しんだあと、イベント2日目に万全の状態で挑むため、一日目の反省会を行い就寝した超水道だったが…

 

1月25日(イベント2日目)

台湾遠征も折り返し。いよいよイベント二日目です。
そして、事件は起こります…。

DSCF3370
二日目の朝もバイキングから始まります。
バターの所在が分からず、謎の「CREAM」と書かれた何かをパンに塗りたくって食べたり、ゆで卵に塩をかけ忘れたものの面倒くさくてそのまま食べたりしつつ、準備をし、タクシーに乗って会場へ。

タクシーに乗りながら、なんとなく胃が重いことに気づきました。
昨晩買ったタピオカミルクティーのタピオカが、想像よりもたっぷり(ほんとにたっぷり!)入っていたために「胃もたれかなぁ…」と思い、胃薬を購入するため現地の薬局へ。

 

 

DSCF3382
会場の外でパシャリ。二日目はとっても良い天気でした。
しかしお腹はそれどころではなく、薬局まで歩く道のりの間も、じわじわとダメージが蓄積していきます…

 

 

DSCF3383
100元で胃薬を買い、なんとか服用(めちゃくちゃまずかったです…)したものの、その頃からむしろ体調が悪くなってきました。

 

 

DSCF3379
あまりにも痛かったので、ミタくんには申し訳なかったのですが、スペースを離れ「ダメになるソファスペース」でしばらく休むことに…

横になるとすぐさま、順調に(!?)体調が悪化していき、発熱と、強烈な腹痛・吐き気が。
その後はほぼ身動きが取れず、水を飲むかトイレに籠もるか横になるかしか出来ないほど。
ミタくんからホテルに一旦帰ることを勧められたものの、タクシーに20分前後揺られて戻るほどの体力もないし、一人で無事に帰れるような自信も持てず、昼過ぎまでジッとしていましたが、、、なんとか気力を振り絞りスペースへ復帰。

 

 

DSCF3385
イベント一日目はあまり写真を撮れなかったのもあり、二日目は気合を入れて沢山撮ろうと思っていた矢先の出来事でした…。

 

 

DSCF3386
向かいの開発者の方も体調を崩されているようだったので、「あぁ、やっぱり海外で体調崩すってよくあるのかなぁ…」とぼんやり思いつつ。

 

 

DSCF3394
意地で撮りました。

 

 

DSCF3395
通訳のアルバイトの方もいらっしゃったのですが、僕がほとんど使い物にならないがためにご心配をおかけしました…。

 

 

DSCF3398
ようやく思い出したように、持ってきたiPad Proにディスプレイの案内を描きました。
(そしてこの瞬間、写真を撮るだけの体力が静かに果てる)

その後、朦朧としながらも、なんとかお客さんとお話したり、トイレに籠もったり(ある便器だけやたら冷房が直撃して寒かったので個室移動して気付いたら紙が無くて絶望したり)していたらイベントが終了していました……

ほうぼうにめちゃくちゃ迷惑をかけながら、なんとか会場を後にしてホテルへ(本当にすみませんでした…)。
発熱・腹痛・吐き気が酷すぎると、まともに寝ることさえできないということを知った夜。

その頃にはミタくんも体調不良を訴えており、最悪の想像が頭をよぎります。

まさかの「全滅」………!!!!!

風呂の水が黄色いことで騒いでいたあの頃が懐かしい……

トイレとベッドを往復するだけの生き物と化した二人にとって、世にも恐ろしいほど、地獄のような永い永い夜が始まったのでした…。

 

 


1月26日

スポーツドリンクを永遠に飲み、上と下からすべてを出し切る過酷なエクストリームスポーツに一晩中挑み続けたことで、深夜3時ごろに峠を超え、朝にはなんとか起き上がれる程度にはなりました。

別のホテルへ移動するため、イベント期間中に泊まったホテルのチェックアウトを済ませ、エレベータへ。
その時一緒に乗り合わせた別の開発者の方たちによると、その方たちもイベント2日目に体調を崩されたとか。

さらに、後で聞いたところによると、同じホテルに泊まっていた複数の開発者の方が(日本人だけじゃなく別の国の方も)同じような症状を発症していたことが明らかに…。
イベントで向かいにいた開発者の方も同じホテルだったとか…

え・・・これって・・・

しょくちゅうどk・・・

 

DSCF3370

まさかのホテルの朝食で・・・?

 

(回避しようがねぇ!!!!)

疑惑はついに疑惑のまま、このまま台湾遠征が終わるのも残念すぎるので、当初の予定どおり、有名な観光地「九份」へ行くことに。

 

 

DSCF3412
市街地にある「松山」駅から電車に揺られ20〜30分ほどで最寄りの「瑞芳」駅へ。

ここからさらにバスで20分ほど。

 

 

DSCF3416
ついに九份に来ました!
海が近い!

 

 

DSCF3423
セブンが九份老街の入り口です。
人がたくさん…さすが観光地です。ちょいちょい日本語も聞こえてきます。

 

 

DSCF3429
いろんなお店が軒を連ねており、見てるだけでも結構楽しいです。
(胃腸は相変わらずなので、観光地らしいものは何も口に出来ず…)

 

 

DSCF3432

 

DSCF3442
階段を登った先に、唐突に寺院があったり。

 

 

DSCF3452
途中のお茶屋さんで休憩。
「凍頂烏龍茶」なるものを注文…美味しい…

 

 

DSCF3455
茶屋のオープンデッキから海が一望できます。
お茶の美味しさと澄んだ潮風によって、幾分か体と心が癒やされました。(ただし寒い)

 

 

DSCF3456
調子にのってワッフルを注文しましたが、サクッと軽い口当たりで、食べられました…良かった(ダウン後初の固形物)

 

 

DSCF3477
その後もしばらく散策を続け、

 

 

DSCF3476

 

DSCF3464

 

DSCF3493

 

DSCF3499

 

DSCF3502

 

DSCF3503

 

DSCF3491
気がついたら良い時間になっていました。

ありがとう九份、楽しかったです。

 

 

DSCF3486

市街地まで帰ってきて、晩ご飯は丸亀製麺のうどん。
台湾まできてうどん、なぁ。。。
体調が万全だったらもっと台湾っぽいもの食べたかったんだけど…。

 

 

DSCF3517
ホントは卵乗せるつもりじゃなかったのに、体が栄養を欲したために、いつのまにか卵が乗っています。

…たいへんおいしく、いただきました。

 

1月27日 最終日

ついに最終日。
台湾にはどうやらアニメイトがあるらしいぞ、ということで、創作集団・超水道。
現地の方々がどんなコンテンツを摂取しているのか知るため、アニメイトへ行ってみました。

DSCF3536
店構えは違和感なし。

 

 

DSCF3569
ラインナップは…

 

 

DSCF3550

DSCF3544
はぁっ、さくらちゃん……ッ

 

 

DSCF3556

DSCF3539
日本とほとんど変わらないですね。
当然なのかもですが、ちゃんとローカライズされてます。

むしろ、台湾オリジナルのものが見当たらないというか、どれか分からないというか…。

 

 

DSCF3563
と、思いきや、ようやく発見!

…しかし、それ以外は見つけられず…

 

 

DSCF3541
日本語のオリジナルも置いてありました。

 

 

DSCF3538
大閃光もあります。

 

 

DSCF3548
アイちゃんもいます。

 

 

DSCF3576
アイドリッシュセブンのコラボカフェ?もあります。

というわけで、現地のアニメイトも日本のアニメイトもあまり変わらないことがわかりました。
(写真はありませんが、同人もありました)

初日や二日目は結構街を歩きましたが、その時は日本のゆるキャラとか、ポケモンとか、サンリオとか、広い意味での「かわいい」に属するものはとてもよく目に入ったんですよね。

 

 

DSCF3580
でも、もっとサブカルとかオタク文化寄りのもの(例えば「美少女」とか「萌え」系のもの)の割合が結構少ない気がしていて(ワンピースを始めとするジャンプ系はちょいちょい見ましたが)。

アニメイトには変わらずあったわけですが、そのあたりはむしろ日本が特別なのかもなぁ、と思いました。

 

 

DSCF3577
モスバーガーで小休憩をとり
(旅先でチェーン店はどうなんだと思っていましたが、何が出てくるかわかるので、こういう時は本当に助かりますね)

 

 

DSCF3588
いよいよ台湾ともお別れです。
短いようで永いようで…でもやっぱり短い5日間でした。

 

 

DSCF3591
海外での初展示を通して、気付いたこと、学んだこと、いろいろあります。
それらを活かして、ghostpiaの開発を引き続き頑張っていきます。

 

 

DSCF3598

 

前編・後編2回に渡って長々と書いてしまいました。
どこからどこまで書けばよいか、なかなかまとまりませんでしたが、写真に頼った多めにしたことで空気感は伝わったんじゃないかと思います。

最後までお読みくださり、ありがとうございました!

 

ありがとう台北ゲームショウ、ありがとう台北、ありがとう台湾!

 

ただし食中毒(疑惑)、お前は許さねぇ。

 

 


 2019/02/24 蜂八憲
【2月14日といえば……?】

 

お久しぶりです、蜂八憲です。
寒さも厳しい今日この頃ですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。
蜂八はだいたい元気です。

 

◆改めまして台北ゲームショウお疲れさまでした

 

台北ゲームショウも無事に終わり……実際のところ出展組のミタさんすずめさんは色々と大変だったようですが……ふたりに現地での体験を共有してもらいつつ、振り返りも終えました。初の海外出展ということで、課題もあり、そしてそれ以上に収穫もあり、超水道というチームにとって非常に有意義な経験だったなと感じます。今後の出展に、そして日々の制作に活かしていきたいですね。

 

早いもので2月も中盤、そしてこの季節の記念日といえば──

 

◆2月14日といえば

 

そう、煮干しの日ですね!!

「に(2)ぼ(≒棒=1)し(4)」の語呂にちなんで、全国煮干協会が記念日に制定したというプレミアムデーです。

 

ううむ、語呂合わせに苦心の跡が見えるぜ……特に「ぼ」のあたり……。

 

少し前までは作業のお供にあたりめをもぐもぐやっていたのですが、作業時間帯がだいたい深夜のことが多く……あたりめってお世辞にも消化が良いものとはいえないので、夜にガンガン食べると朝の腹具合がわりかしキツいんですよね……なので、最近はもっぱら煮干しをおやつ代わりにしています。

 

煮干しはいいぞ。消化が良いのかと言われると正直疑問ですが、あたりめよりは胃へのダメージが少ない気がしています(当社比)。ちかごろの食生活は魚不足だしね。カルシウムも足りてないしね。

そういうわけで日に1袋は煮干しをコンスタントに消費しています。

この記事執筆のお供も煮干しです。

 

しかしながら、ここまで記事を書いたところで塩分に飽き飽きしてきましたので、急遽チョコクッキーを買ってきました。
ここからの執筆のお供はカントリーマ●ム(ココア味)でお送りします。バレンタインデーだしね!

煮干しの日? そんな記念日あったんですね……???

 

そういえばバレンタインデーにチョコクッキーを食べたの久しぶりだな、と思いました。

いつぶりかと言えばたぶん4、5年ぶりで──そうそう、当時お付き合いしていた方がチョコクッキーを手作りして家に持ってきてくれたんですね。

 

温め直すといいよ、ということで我が家の古ぼけた電子レンジでチンすることにしたわけです。

あとは待つだけとなり、わくわくしながらお喋りに夢中になっていたのですが……

「なんか焦げ臭くない?」という一言ではっと我に返り、電子レンジへと駆け寄ってみると、うっすら煙を吹いていて。

 

よくよく見れば、電子のレンジのつまみは20秒ラインを指したまま動いておらず──。

「チョコクッキーだったもの」から「かろうじてまだチョコクッキーと言えるもの」を選別して、そうこれはビターチョコレートなのだ、と自分に言い聞かせてどうにか食べました。

 

ほろ苦いどころではない、ただただ香ばしい炭の風味は今でも鮮明に思い出せます。

ちょっとばかり塩の味が混じっていましたが、今になって思えば、アレはたぶん堪えた涙が鼻腔に逆流しただけだった気がしますね……

 

……………………

 

…………

 

……

 

ここまで書き終えて鼻の奥がしょっぱくなってきたんですが、なんでだと思ったら、いつの間にかカントリー●アムではなく煮干しを口に運んでいることに気付きました。

 

やっぱり煮干しは最高ですね!!

 

 

超水道の過去作『森川空のルール』より森川空ちゃん。 すずめさんがバレンタイン用に描き下ろしてくれました。 よかばい……。

 

 

 

今度すずめさんに会ったら煮干しをあげようと思います。

 


 

いかがでしたでしょうか。
来月も引き続き超水道月報を掲載していく予定です。
ではでは、次号(3月号)でまたお会いしましょう!

 

蜂八 憲

author:ミタヒツヒト, category:超水道月報, 20:00
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.sww.fool.jp/trackback/378