おいこみ!
こんばんは。ミタヒツヒトです。

そういうわけで本日は実質最終日です。
明日の朝10時がおしまいなものですからね。
そういうわけでゲームキャストさんの記事がこちら。

ノベルアプリ1週間チャレンジ6日目「音楽ができるまで」

毎日ありがとうございます。
今日はinaryさんの特集だ!うちでもインタビューやりたいな。
でも答えてくださるかなぁ。こんどお聞きしよう。


さて、そういうわけで超水道一同、今夜は寝ない勢いで作業をしてまいります。
1週間でやろうがやるまいが、マスターアップ直前はやっぱりこうなりますね。
今回はちょっと負担が大きいだけ、寝れてないだけ、心配事が多いだけ、と考えることにしています。深く考えたらいけない。そういう気がしています。

でもでも、流石に完成にかなり近づいてきておりますよ!
実機テストをして、ぬるぬると動いている勇姿を確認いたしまいしたので、
この感動を皆さんと分かち合うため、写真のほう、用意させていただきました!



こんな感じのトップを触ってあげると、



こういうメニューが出て、
(わかりづらいのでスクリーンショットです)



色々出ます。
今回も好評のチュートリアルは実装しました。


あ、そうだ、ゲームキャストさんの記事でも紹介されていたのですが、
今回の「'99」に使用されるinaryさんの楽曲をYouTubeで公開いたしました!
しかも、今回はビフォー&アフターでの公開になります。
inaryさんから最初にいただいたラフ音源から、本編使用版の変化をお楽しみください!

こちらがBefore!



こちらがAfter!



聴き比べつつ、本編の内容に思いを馳せてお待ちください



よーし後はシナリオファイルの調整やスタッフロールの実装など、本当に細かいところの調整だけ…!
がんばります!

でも、細かいところの調整だからといってそれが本当に「些細である」か、っていうと、ちょっと違うかな。
中学生のころ、とあるゲーム会社の代表取締役さんにお話を伺う機会があったんですが、「ゲームクリエイターは気遣いだよ」と言われた覚えがあります。

ボタンを押したときにどんなレスポンスで反応するか。マップの切り替えの時に何ミリ秒でフェードするのか。そういう細かいところに気を遣えるかが、良いゲームとそうでないゲームの分水嶺だよ。と。
僕らの作っているノベルアプリはそれこそ「快適さ」が内容の次くらいに大事だと思っているので、そう考えると、クオリティの3分の1くらいは、これからの作業にかかっているのかもしれません。

そう考えると、まったく気が抜けないな。がんばらないといけないな。
がんばります。最後まで。

ではでは、また。


※追記

この記事とは関係ないけれど、きのうのゲームキャストさんの記事で、
「ameroad使いましょう」と言っていたらAmeroad製作者の村上さんがコメント欄にいらっしゃってびびりました。ありがてぇ…!
すごいぞゲームキャスト。そして一体どうなる超水道。
author:ミタヒツヒト, category:1週間ゲームメイク, 23:04
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.sww.fool.jp/trackback/68