ghosptia 第4話サブミット記念ザダンカイ(後編)

 

みなさんこんばんは、ミタヒツヒトです。

今日は、先日の座談会の続き、後編をお送りいたします。

 

前回の記事はこちら!

 

ghosptia 第4話サブミット記念ザダンカイ(前編)

 

まだ前編を読まれていない方は、上記の記事からお読みになることを強く推奨いたします!

 

おさらいがてら、先日の記事にありました、各メンバーの役職についての解説を再掲いたします。

 

進行について
 

進行は私、ミタヒツヒトがなんとなく務めさせて頂きました。

 

今回は、「自分の担当箇所でない他のセクションを担当するメンバーに色々聞いてみよう!」というコンセプトを設け、あらかじめ他のメンバーへの質問を考えてきてもらい、そこから話を展開するようにしています。

 

参考までに、各メンバーの担当箇所は以下のようになります。

 

 

■ 蜂八憲

・全体のディレクション

・演出のスクリプティング

 

■ 山本すずめ

・作画全般

・スクリプティング

・演出指定

 

■ 斑

・作画全般

・効果音収録

 

※山本すずめ・斑は、まとめて「ビジュアルチーム」・「作画班」などと呼ばれがち

 

■ ミタヒツヒト

・シナリオ

・演出指定

 

(再掲おわり)

 

というわけで、「ghosptia 第4話サブミット記念ザダンカイ」(後編)どんな話が飛び出すのでしょうか!

 


■斑からの質問


斑:お疲れ様です。じゃあ次に僕から蜂八さんへ質問です。

今回の作業の中で、どんな素材が一番使いやすかったですか?

蜂八:効果音素材に関して言うと、もうすでに「使いやすい」素材は2話時点あたりで揃っている印象がありますね。そのうえで、足りない音を追加もしくは新規作成してもらうという形がいつものスタイルですが……結果的には、毎度のごとく「新しい音」が必要になっているな、と……。今回も、結果的には17個の新録があるわけで……笑

ミタ:いざとなったら効果音作ってもらえる安心感はとても大きいですよね! いつも本当に感謝しているよ!

斑:ご期待にお応え出来るようにがんばります!

蜂八:そういう意味では、今回そしてこれからのghostpia制作でも、斑さんに存分に才能をふるって頂く機会が増えると思いますね……!

斑:才能…!?ありがとうございます。次にミタくんに質問いいですか?

今回そこそこの時間を使って推敲をしましたが、一番自重をせず書ききったところはどこですか?

ミタ:いい質問ですね!ghostpiaはghostpiaなので、自重しようという発想にはあまりなりませんね。

ただ、どこまでも自由に書けるので、いつもどこまでやっちゃうべきか迷うところではあります。強いシーン・強い暴力は作品に読者を強く惹き付けるし書いていてとても楽しいですが、ghostpiaは心情やドラマの物語だと思っているので、その主従が逆転しないように気をつけないと…クラーラの件もまたしかりで、クラーラ関係の描写にご期待を頂きますが、別にクラーラをいじめるための物語はないわけですし…そんな感じです。

斑:ありがとうございます!作品の遠慮のなさは僕自身かなり気に入っているので、バランスを見つつ大切にしていきたいですね。次の質問です。

ghostpiaは暗いモチーフが多いですが、これからもそのようなモチーフを使う予定はありますか? また、扱ってみたいモチーフはありますか? ghostpiaだけでなくてもいいです。

ミタ:バンドとかクラブとか音楽な世界とそこの人間関係なんかは実はghostpia的にも活きるかもな、と思ってます。あの町のさびれたクラブとかライブハウスとか良さそうじゃないですか。そういう世界をうまいこと勉強できたら、取り入れてみたいなあ。

すずめ:ghostpiaの世界には、クラブとかライブハウスとか似合いそうだね!

斑:ありがとうございました。ghostopiaはとても器の大きい作品だと思っています。新しい価値観で僕たちをドキドキさせてほしいです。

斑:次にすずめさん質問いいですか?

すずめ:ばちこい!

今回ぼく(斑)はかなりの量のイラストのコア部分(作画、レイアウト等)を扱わせてもらったが実際進行はしやすかったのか、遠慮のない意見をお訊きしたい。

すずめ:まじか〜答えにくいやつきたなぁ…(笑)

ミタ:今回から作画班の組織構造が見直されて、斑くんが担当する枚数が増えて負担と裁量がかなり増えたんだったね。すずめくんとマンツーマンでとてもストイックに作業していたのが印象的だけど。

すずめ:あのですね、ちょっと先に言っておきたいんですけど…斑くん、それは違うよ。

斑:え?ええ?

すずめ:確かに4話から、斑くんにお願いする絵の枚数は飛躍的に増えました。でも僕として一番重要視していたのは、作業の進行のしやすさということではないんですよね。
ghostpiaという作品が、僕ひとりの絵だけではなくて、色んな人が携わって、もっと深みのある作品になったらもっと面白いんじゃないか?と思ったところが初めにあるんです。
だから、先日ツイッターでちょっと話題になった「真っ赤な下書きの絵」もありましたが、僕としては、斑くんにもっと色々任せられるようにしたいなぁと思って、愛のムチを奮っているわけですね…。

 

※「真っ赤な下書きの絵」。本当に全部赤い。斑くんが卑屈になるのもちょっとわかる…



斑:ありがとうございます…(ふえぇ)

すずめ:でも後半は直しの量も減ったし、斑くんもだんだん勘所がわかってきたのか、スピードも向上していたと思うんですよね。だから、進行という点で言うと、3話の時よりも4話、4話の時よりも5話の方が、色々とやりやすくなっていくんじゃないかと。
いつも隣で作業しているので、無茶ぶりにもトコトン付き合ってくれてとても助かってます。ありがとう!


斑:答え難い質問に答えて頂いてありがとうございます。今回は多くの役割を任せてもらえて、とても楽しく作業させてもらいました。その中でも特に楽しかったのはイラスト制作でした。僕自身の技量の無さもあり、時に厳しい意見もありましたが、すずめくんがいつも付き合ってくれたから4話を最後まで走り切れたと思っています。これからも愛のムチでビシビシしばいてくらひゃい

すずめ:この腐れ卵が!

斑:もっと言ってください!

斑:僕からは以上です。

 

 

■ミタからの質問


ミタ:最後になりますが自分からの質問です。よろしくお願いします。

ミタ:イラストチームへの質問です。

『ここのシーンは上手く描けたな!』というお気に入りの一枚を教えてください!

すずめ:うーん……うーん……(体を左右に振りながら)

斑:どれも思い入れありすぎて決められないんだよ!(緑色の分泌物を体から滲ませその飛沫は飛び散り床板を溶かし金切り声にも近い冒涜的な叫び声を上げ瘴気によどんだ腐臭を振りまきながら忌まわしいぬめりに光る触手を振り乱す)

すずめ:『上手く描けた』ということなら、最後の方で、雪を撒き散らしながら走ってくるあの幽霊の絵かなぁ…。

斑:上手く描けた…!序盤のダンゴムシは上手く描けました!!

ミタ:だんごむしいいよね!では次の質問。

3話以前の作画作業と、今回の4話の作画作業で決定的に違う点はありますか。あるとしたらそれはどんな点ですか。

すずめ:ミタくんのプロットがあがった段階で、4話の絵についての話を少ししたんですけど、どちらからともなく「今回はノワールでいこう」となったんですよね。3話は極めて漫画的な表現が多いんですけど、4話はボカシ効果を積極的に使ったり、画面をダイナミックに使ったりして、映画のような画作りを目指しました。

ミタ:色遣いも心なしか暗いよね。

すずめ:よくぞ触れてくれた…!そうなんです。今回はカラーパレットも少し調整を入れて、作品の雰囲気を増せるように工夫しています。
3話までの絵では個々のキャラクター性を強調するために、カット毎の色の差をあまり出さないようにしていました。対して4話は、場の空気感などをより強く伝えられるように、一枚ずつ調整を加えています。


ミタ: なるほど。絵の印象が全体的にリッチにまとまっていると感じました。合っているかわかりませんが、アニメのTV放送版と劇場版くらいの「気合いの入り度」が違うというか。

すずめ:仰るとおりで、その例えはわかりやすいですね。リッチ感を出せるよう努めたので、それが上手く伝わったのだとすれば、とても嬉しいですね。

斑:今までのイラストに使用する時間の約2倍の時間を使い、下書きから作画、着彩と段階を経るごとにクオリティが上がるように心がけました。ぼくが担当した下書きも今までにないほど修正が入りました。必ず戻しがきましたが、修正の度にイラストの深さが増すのはとても楽しかったです。
この意識の違いは明確に作品に現れているんじゃないでしょうか。


ミタ:そうか…倍か…しかも今回は2人でかかったから倍の倍で4倍時間使ってるのか…!1年以内のリリースによく収まったな……本当にお疲れ様でした。

すずめ:僕が最初から最後まで1人で描いた絵よりも、斑くんの描いた絵を修正して描いてもらった時の方が、いい絵になるんですよね…。その手応えはとても感じていました。

ミタ:ありがとうございます。では、次は蜂八さんに質問です。

スクリプトのデバッグ中に印象深いバグがあったら教えてください

斑:もうghostpiaのシステムは成熟しているのであんまりないのでは?

蜂八:実際のところ、あんまりないですね! ただ、今回の制作で印象深かったバグと言えば「ビジュアルが回転しながら画面外へと消えていく」ってやつですね。なぜかアーニャがローリングしながらフレームアウトしていったりとか。これに気付いたタイミングとしては、ちょうどすずめさんとミタさんがスクリプトのブラッシュアップをしていた頃だったので、最初は「意図した演出」だと思ったんですよね。「めっちゃアクロバティックじゃん!!」って一瞬感動しました。

ミタ:ghostpiaならやりかねないですね…

すずめ:アーニャだけが不遇だなぁ…

斑:あの赤い髪の子かわいそう…

ミタ:最後になりますが、皆さんがghostpia第5話に望むことはありますか?

すずめ:これは、シナリオ的なことについてですか?

ミタ:シナリオ以外でもかまいません。シナリオについてでも構いません。

すずめ:あ、じゃあ僕は、実写要素をもっと多くしたいですね! 三話のときの演出が結構好きだったので、あれを超えたいです…。

ミタ:いいね、クレイアニメとかやりたいなあ。質問があったから、シナリオについてかと思ったんだけど。シナリオについては、何かある?

すずめ:僕はもっとアーニャの活躍を見たいかな。パシフィカさんと対等に渡り合っているアーニャの凄さをだね…

ミタ:損な役回りなのは間違いないので、いつか光を当ててあげたいね…!

斑:クラーラとの関係がどう発展していくかがとても気になります。アーニャにも、光を当ててほしいですが、クラーラのこともぜひよろしくお願いします。

すずめ:神の御加護があらんことを…!

蜂八:僕はクラーラが神のご加護のもと4人組に一矢報いる展開をうっすら期待しています!

ミタ:その展開いいですね!さらにその仕返しに前にも増してもっと酷い目に遭わせたらきっと映えますね…!流石です!

蜂八:業が深い……

すずめ:神の御加護があらんことを…!

ミタ:ありがとうございました。こんな感じですかねー。

最後に、4話の開発を終えて今どんな気持ちか教えてください

すずめ:いやー、直したいところあるんですよね(笑)

ミタ:わかる。

すずめ:でも、それだけ真剣に向き合ってきたってことなんだと思います。
振り返ってみると本当にずーっと描いてたんですけど、審査提出の間際まで絵を直したくて仕方がなかったので…。
これだけやっても「満足できないことがある」というのは、自分が成長している証なのかもしれないですね。
この気持ちを受け止めて、早く次の「やりたい事」をやってみたいです。


ミタ:次はミタの方から。えっと、第4話を見て、僕は「心配」になりました。めちゃくちゃ心配です。

斑:どういう「心配」ですか?

ミタ:第4話のクオリティーは前回に比べ格段にアップしています。これがずっと続いていった時に、最終的にどうなってしまうのか、その時われわれはどんなふうに作っているのか、心配でもあり、楽しみでもありますね。

蜂八:僕も、そこはミタさんと同様に心配でもあり、楽しみでもあり……というところですね。「クオリティアップ」と「製作期間」の兼ね合いは実際難しいところです。現在(2018/05/04時点)はSwitch版の開発も控えている状況ですし、「制作の進め方」についてはより一層意識していく必要がありますね。

すずめ:確かに。そのうち、どこかで斑くんが2体に分裂しないと回らなくなっていくかも……

斑:えぇっ?!グパァ

蜂八:3話の途中から制作進行を務めている身としては、話数を重ねるごとにクオリティが上がっているのを実感していますし、同時に制作期間も少しずつではありますが着実に短縮できているのが素晴らしいなと思います。この「クオリティアップ」と「製作期間の短縮」が両立できているのは、地味に凄いことですよ。改めまして、みなさんお疲れ様でしたという気持ちでいっぱいですね。

斑:何はともあれ4話を公開できたことに安心しております。
前話から約1年の期間がありましたが、その期間ずっとghostpiaを制作していたのですが、長い時間のはずが、あっという間に感じました。いや、長かったんですけど、でも短くて…矛盾してるんですけど…そうとしか言いようがないんです……きっと、楽しかったから、そう感じるのかなと僕は信じてるんですけど。
僕たち4人の一年間の結晶を楽しんでもらえると信じてます。まぁプレイ時間は一年どころか2時間もないと思うんですけどw


ミタ:おい、やめろや

斑:僕からは以上です。

ミタ:皆さん、ありがとうございました。これからもghostpiaの制作、頑張っていきましょう!

一同:えいえいおー!

〜お腹が空いたので完〜

 

 


 

ghosptia 第4話サブミット記念ザダンカイ、いかがだったでしょうか!?

 

今回の座談会でひときわ強い存在感を放った斑くんがデザインしたTシャツの第2弾が、suzuriで発売中です。

超水道の取り分ゼロ、底値の2080円で販売しておりますので、よろしければ「着て応援」お願いいたします!

 

・ghostpia ショートスリーブTシャツ 【Which girl do you like?】 Tシャツ

 

(5000円バージョンはこちら)

 

 

・ghostpia ショートスリーブTシャツ 【ロゴタイプ・オリジナル】 Tシャツ

 

(5000円バージョンはこちら)

 

ghostpia第4話「あの子といっしょでひとりの日」は、近日AppStoreにて公開予定です!どうかお楽しみに!

 

 

author:ミタヒツヒト, category:-, 20:03
comments(0), trackbacks(0), - -
ghosptia 第4話サブミット記念ザダンカイ(前編)

こんばんは、ミタヒツヒトです。

 

まず最初に今日の超水道ニュースから!

 

ghostpia.xyzが更新されました!

 

 

stageが更新され、ghostpiaに登場する「幽霊の町」の色んなスポットの解説が増えました!

ぜひご覧になってくださいね!

 

ghostpiaTシャツ第2弾を販売開始しました!

 

こちらも例によって(超水道の利益が)ゼロ円Tシャツでございます。

 

「ゼロ円ってなんやねん」という方は詳細は前回の記事をごらん下さい!

 

・ghostpia ショートスリーブTシャツ 【Which girl do you like?】 Tシャツ

 

(5000円バージョンはこちら)

 

 

・ghostpia ショートスリーブTシャツ 【ロゴタイプ・オリジナル】 Tシャツ

 

(5000円バージョンはこちら)

 

 

超水道のSUZURIページもぜひチェックしてみてくださいね!

 

座談会やりました

 

先日公開しました記事の通り、ghostpiaの第4話が無事AppStoreにサブミットされ、今は公開を待つばかり!という状態なわけですが!

 

 

第4話の制作を振り返るという意味を込めて、このたび、「ghosptia 第4話サブミット記念ザダンカイ」を開きました!

 

これが大変長くなりましたので、前編後編に分けて公開しようと思います。

 

なお、第4話のネタバレになるような部分は取り除いておりますので、安心してお楽しみください。

 

進行について
 

進行は私、ミタヒツヒトがなんとなく務めさせて頂きました。

 

今回は、「自分の担当箇所でない他のセクションを担当するメンバーに色々聞いてみよう!」というコンセプトを設け、あらかじめ他のメンバーへの質問を考えてきてもらい、そこから話を展開するようにしています。

 

参考までに、各メンバーの担当箇所は以下のようになります。

 

 

■ 蜂八憲

・全体のディレクション

・演出のスクリプティング

 

■ 山本すずめ

・作画全般

・スクリプティング

・演出指定

 

■ 斑

・作画全般

・効果音収録

 

※山本すずめ・斑は、まとめて「ビジュアルチーム」・「作画班」などと呼ばれがち

 

■ ミタヒツヒト

・シナリオ

・演出指定

 

 

というわけで、「ghosptia 第4話サブミット記念ザダンカイ」(前編)早速始めていきたいと思います。

それではどうぞ。

 


 

ミタ:本日はお集まり頂きありがとうございます。ghostpia第4話も発表間近ということで、今日はみんなで座談会をしていこうと思います。よろしくお願いします。

一同:よろしくお願いします。

ミタ:各メンバーには担当箇所があると思いますが、今回は「他の担当箇所の人に聞いてみたいこと」をお互いにインタビューし合うかたちで進めていきたいと思います!

ミタ:では、じゃんけんで決めましょう!

(一同、じゃんけん)

ミタ:はい、蜂八さんからお願いします!

蜂八:ではさっそく!

 

 

■蜂八からの質問


蜂八:ghostpia第4話では新キャラとして「レーニャ」と「ミェト」が登場するわけですが……レーニャとミェト、みなさんはどちらが好きですか?


蜂八:ではまず、斑さんから!

斑:はい、もちろん僕が好きなのは、レーニャたんです。理由は、全部が可愛いからです。それ以上に言うことないです。

 

※ ghostpia.xyz より第4話の新キャラクター「レーニャ」のキャラクター紹介。


ミタ:気持ちが悪いなあ

蜂八:“もちろん”って……

すずめ:レーニャ”たん”って……まぁ、言いたいことは分かる。特に好きなのはどのへんですか?

斑:登場シーンがまず印象的で気になったところから始まり……自己紹介のシーンがあるんですけど、そこのイラストで完全に恋に落ちました。僕からは以上です。

蜂八:ミェトに言及がありませんが、彼女に関してはいかがですか???

 

※ ghostpia.xyz より第4話の新キャラクター「ミェト」のキャラクター紹介。

斑:そうっすね……いや、彼女はいいキャラではあるんですけど、やっぱりレーニャたんと比べてしまうと、勝ってるのはガタイだけかな、と。

蜂八:ちょっと屋上に行こうか

すずめ:ミェト好きな人からしたら色々言われそうだけど……(笑)

ミタ:自分としてはghostpia のキャラクターに「たん」をつけるというのが新鮮で驚きに満ちた行為だなと感じました…大変お疲れ様でした。

すずめ:実は僕もレーニャがお気に入りなんですけどね。別にミェトに関心がないというわけではなくて、キャラデザをした身からするとどちらも好きなんです。でも、レーニャはミェトより難産だったのと、色合いとか見た目の可愛さという点で結構上手くいったと思っているので、愛着のようなものはより強いですね。

斑:別に僕だって関心がないわけじゃないよ!(笑)

ミタ:はい。どちらかというとレーニャが抱いている変なぬいぐるみが好きです。

 

※ 見づらいですが、この絵でレーニャの膝に乗っているぬいぐるみの話をしています
 

 

すずめ:そっちか……

ミタ:それは半分冗談ですが、シナリオを書いた身としてはやっぱり2人とも平等に好き、なのかなあ。しかしどちらかと言えば、ミェトのほうが、愛らしいかなあ。うーん、この質問、辛いなあ。二人して共通して言えるのは、生き様がかっこいい!ということでしょうか。

蜂八:はい、もちろん僕が好きなのはミェトです。……もちろんレーニャも可愛いと思いますよ? でもね、個人的にはミェトの方がもっと可愛いですよ。

斑:なるほど、ミェトのどこに魅力を感じましたか?

蜂八:ガタイだけじゃなくてですね、一言で言うと「健気な感じ」が最高に魅力的ですね。これはシナリオを読めば分かると思いますが、レーニャに対する想いが深いのですよね。それにリターンがあるかどうかはともかくとして──生き様として、とても愛らしいなと思います。あとガタイのいい女の子いいよね。

斑:ありがとうございます。やっぱりレーニャとミェトは二人で居ることに強い魅力がありますよね。

蜂八:それな!!!

蜂八&斑:(固い握手)(抱擁)

蜂八:さて、ここからはシナリオ担当のミタさんへの質問です。

一番気に入ってるシーンはどれですか?

ミタ:実は明確に答えがあって、 それレーニャと小夜子の出会いのシーンです。 スピード感がありつつ適度に情緒があって、短いシーンなのですが、いい感じに書けたという気がしています。

苦労したシーンはどこですか?

ミタ:暴力シーン全般です。実は、暴力シーンを書くのは得意ではありません。好きですが、得意では無いのです。なので毎回、なんでこんなプロット書いてしまったのかなあ…と後悔しつつやってます…。

 

※ 第3話より。人気の高いシーン。


蜂八:なるほど! 個人的には意外ですね。「1番気に入っているシーン」と、「苦労したシーン」は真逆かと思っていました。

次のエピソード(5話)はおおむね全年齢対象か?

蜂八:今回(4話)はまた一段と画面が赤いですね。あと銃声も。
基本的にghostpiaは「雪国の夜」が舞台なので、群青と白のカラーリングが基調
で、そこにきて赤色は差し色として映えるよなあ……と思ってみてました。

 

ミタ:確かに。血生臭さの似合う舞台ですね。

 

※ 第2話公開時点のトップメニューより。これも人気の高い一枚。

 

蜂八:ghostpiaはもともと「おおむね全年齢対象」でしたが、2話から取り下げましたよね。

4話では、アクションシーンの増加もあって、これまでのエピソードに比べてR要素が増えたかなという印象です。個人的にはとてもいいなと思ってみてるのですが、5話以降で「おおむね全年齢対象」のエピソードが挟まることはあるのでしょうか?


ミタ:さしあたって第5話については現在考えている2つのプロットがあって、そのうち片方を採用するならバイオレンスは控えめになるかと思います。
ghostpiaにおいてバイオレンスは手段であって目的ではないので、うまく付き合っていきたいですね。
しかしながらバイオレンスを目的に来てくれている読者さんもきっとたくさんいるので、期待を裏切ったらいけないかな、なんて思うこともあります。


蜂八:ありがとうございました。

ミタ:では、次はすずめくんからの質問ということで。お願いします。

 

■すずめからの質問


すずめ:蜂八さん、お疲れ様でした。今度は、スクリプティングを担当した蜂八さんに回答者になっていただきます。

蜂八:どんとこい!

すずめ:三話までは、主にミタ君と僕とが演出を考えて、そのままスクリプト作業まで続けてやることが多かったわけですが。
今回は、最初にある程度の演出を考えた後、スクリプト作業は蜂八さんに一番頑張っていただきました。特に、音楽や効果音の指定はゼロからだったと思います。


演出指定を考える時、どんなことを意識していましたか?

蜂八:一番意識したところとしては、やはり、音楽と効果音の指定ですかね。すずめさんも仰っているように、ビジュアルに関しては「どう見せたい」というところが明文化されていますが、音楽に関してはスクリプト担当の裁量に任せられていますから。

すずめ:そこも明文化できたら良いのかも…ですが、意外な音楽が合ったりすることもあるので、一回演出を入れて、通してチェックしてみないと分からないですよね。その分、直しが入ることもままありますが…。

蜂八:後々ミタさんとすずめさんのブラッシュアップが入ることは把握していたので、僕としてはまず「既存のエピソードの音楽使用傾向から極端に外さないように」というところを大事にしました。指定にあたっては、復習として、既存のエピソード(1〜3)話をプレイしつつ、スクリプト本文と見比べる……というようなことをやっていました。それから4話の指定に入った感じですね。「これまでの話だったらここはこの音楽(効果音)をあてるだろう」というベースを踏まえたうえで、蜂八の好みを多分に反映させたといった感じです。

すずめ:ありがとうございます。結構地道な作業で、大変ですよね…。

 

※ 第4話のワンシーン。この動きを実装するのにもけっこう長いスクリプトが必要。

蜂八:でもやっぱり楽しかったですよ。過去のスクリプトを全体的に見返して、「あの処理はこんなに複雑なことをやってたんだ……!」ってなったりして。

ミタ:リリース前に、自分やすずめくんがブラッシュアップ的に手を入れた部分もあるのですが、下地がしっかりしていたので、非常にやりやすかったです!

すずめ:ですね。これまでの演出の方向性をしっかり踏まえてくださった上で、蜂八さんの個性も取り入れられたので、演出に深みが出た気がします。お任せして本当によかったなと思いました。

スクリプティングの上で一番苦労した点はありますか?

蜂八:スクリプティングそのもの、というわけではないが、既存エピソード素材の選定は苦労しましたね……。

ミタ:膨大ですものね!!!

蜂八:いくつかのシーンに関しては「ここは○話の素材を使う」ということで、あらかじめ指定もされていますが、個人的に「ここは過去の素材を使ったほうがいいな」と思って蜂八の判断で入れたものもあります。どこでどういう使われ方をしているか、意識してみてみるとより面白いかもしれないですね。

すずめ:演出指定がある程度終わってから、一旦チェックした時に「ここでこれが出るんだ!」って驚きました。それがとても良くて、しみじみとしてしまいました。

演出で一番気に入ってるところはありますか?

蜂八:今回、すずめさんに頼んで新しいアイキャッチを作ってもらったんですよ。それがとてもよくてですね。もともとは2種類あったのですが、4話にしてまた一つ増えました。

 

※ アイキャッチのうちの一つ。動いているものはぜひ本編でごらんください!


すずめ:僕としてはもっと増やしたいんですけど。4話は結構アレな回なので(言うとネタバレになるやつ!)、バリエーションとして必要でしたね。

蜂八:ですね、今回追加してもらったアイキャッチで作品がグッと引き締まったと思います!

すずめ:蜂八さん、ありがとうございました。続けて斑くんにも質問よろしいですか?

斑:よろしいです!

すずめ:これはあまり知られていないことだと思いますが、実は斑くんは効果音の録音・加工などを担当しているんですよね。

斑:はい、他にも音関係で言えば、キャラクターヴォイスも僕が編集していますね。

すずめ:絵の作業と並行でかなり大変だったと思います。もちろん有料の効果音を購入して使う場面もありますが、4話は特に新録ラッシュでしたね。

ちなみにいくつ録音したんですか?

斑:新録ラッシュでしたね…、採用されていないものを除けば、17個ほどでしょうか。購入したものもそのまま使用したわけではないので…。

蜂八:あ、そんなに…?!

すずめ:思ったより録ってた…。それだけ録っていれば、ひとつひとつの音に対しての思い入れもあるんじゃないかなと思います。

自分で録った中で一番気に入っている音は何ですか?

斑:どれも同じくらい難産で相応の思い入れがあるのですが、個人的に一番良い出来だと思っているのは、「何かが折れる音」ですね。データの名前だと『fracture.wav』(旧名『bone_crash.wav』)っていうんですけど。ぜひみなさんに聞いて欲しいseになりました。

すずめ:理想の音を目指しすぎて、録音後は斑くんの指が全て使えなくなってましたからね。

ミタ:指が使えなかったからアゴ使って病院に電話かけてたのは笑えた。

一同:笑

すずめ:まあ冗談はさておき…(笑)

目当ての音を録音するために、どんなことに注意しましたか? また、苦労した点はなんですか?

斑:うーん…完全に知識のない状態から作業を始め、音の何たるかも分からなかったのでググりまくり、使用しているソフト(adobe Audition)の使い方を学ぶところからでした。ワンアクションごとに苦労しています(笑)

蜂八:初めて効果音の編集を担当したのは3話からでしたよね。

斑:そうですね。3話のころから試行錯誤の連続で、録音に使用する物を変えたり、できるだけ違う打ち方、力加減を試して、理想の音に近そうな音を片っ端から録音しました。数をこなす必要はいつもありました。すずめくんの家で録音をしているので、無音状態にしなければいけないし、録音に使えるものも限られていたり、終電までに帰らなければいけないですし、時間に追われながらの作業はいつも苦労しました。

すずめ:隣で作業していて大変そうだなぁって思ってましたが、かなり楽しそうに作業していたのが印象的でした。僕も録音を手伝ったので良い思い出です。ありがとうございました。

 


 

というわけで前編はここまで!

 

次回、後編をどうかお楽しみに!

それでは、次の記事でお会いしましょう!

 

author:ミタヒツヒト, category:-, 19:21
comments(0), trackbacks(0), - -
超水道制作日誌(2018.4月号)

こんばんは、蜂八憲です。

 

みなさんいかがお過ごしでしょうか?
蜂八はだいたい元気です`( ´8`)´

 

そうそう、今月はghostpiaに関するいろいろなお知らせがありました!

 

Switch版の開発が決まったりとか……!

BitSummitへの出展が決まったりとか……!

 

iOS版4話に関しても、近日中に新しいニュースをお届けできるかと思います!

 

乞うご期待!

 

……

 

さてさてそんなわけで超水道月報、今回は4月ぶんをお送りします。

今月の更新は、こちらの2本立てです!

 

・ミタヒツヒト……『ghostpia for Nintendo Switch (仮)開発進行中!!!』

・ミタヒツヒト……『【参戦】ghostpia、BitSummitへ行くぞ!【決定】』

 

それではどうぞー!(ノ´8`)ノ

 


2018/04/01 ミタヒツヒト

【ghostpia for Nintendo Switch (仮)開発進行中!!!】

 

どうもみなさんこんばんは。ミタヒツヒトです。

 

エイプリルフールお疲れ様でした

 

ghostpia.xyz、楽しんで頂けましたでしょうか。

(それから、社会人一年目のみなさまも、おめでとうございます! 日曜だからそんなことないと思ったけどTwitter見てたらけっこうみなさん入社式とかやってた…!)

 

今日は自分もTwitterなどなど拝見しておりましたが、こいつはマジで言ってるのかと楽しんで頂けたようで何よりです。すずめくんの動画制作技術に拍手!なんとなくできる感じでいたらウェブ上に動画置いて自動再生させる時の仕様が想ったより闇が深くてギリギリまで検証に付き合ってくれた他のメンバーにも拍手!

ということでですね、今回はその件についての更新となるわけですが!

手元の時計が正しくば、時刻は4月2日になったばかり。でも、相変わらずこの告知はサイトから消えていない……つまり……!

 

ghostpia for Nintendo Switch (仮)開発進行中!!!

 

 

マジでございます!!!

 

ちなみにghostpiaのgは小文字のgでございます(豆知識)!!!!

 

iOSで自分のアプリが出た時も『遠いところまで来たなあ』って思ったものですが、コンシューマーとなるとどうなっちゃうんでしょうか。自分のバンドが『メジャーデビュー決まりました!』みたいな気持ちですね!iOS版もだけど……頑張らねば!!!

 

詳細は追っての発表とさせて頂きたいので、ご質問にお答えすることはできないのですが、ただいまお話できることを全てここでまとめておこうと思います。

 

・超水道単体のリリースではなく、近日、サリーの法則 for switch の発売も控えた、京都のステキなパブリッシャー、room6さまと一緒にやらせて頂きます。超水道メンバーに負けず劣らずghostpiaという作品への愛を持ってくださってます。
 

・Switch版は、iOS版のパワーアップ版となります。なにがどうパワーアップするかはまだ発表できません。ごめんなさい。

発売時期は未定です。ご質問にはお答えできません。ご了承ください。ただ、この先の予定として決まったわけではなく、もう手を動かし始めている状態です。


・iOS版のリリースについては、当初の計画通り継続的に行います。価格ももちろん無料です。これについては次項にて。

今回のSwitch版とiOS版の立ち位置をテレビアニメに例えて、『無料で観られるTV放送版』『お金を払って観る劇場版』と置いてみると、なんとなく理解しやすいかもしれません。


・つまり、Switch版をプレイしていないと続きが読めないとか、そういう悲しい感じにはしたくないと思っているし、そうしないために十全の努力をしていく所存です。
 

とりあえず、現在お話できる部分は以上になります。

出せるようになり次第続報も出していきたいと思いますので、どうかよろしくお願いします。

 

ということで、みなさまお騒がせいたしました!そして、Switch版も期待していてくださいね!

 

 


 

2018/04/18 ミタヒツヒト

【参戦】ghostpia、BitSummitへ行くぞ!【決定】​

 

 

皆さんこんにちは、ミタヒツヒトです。

 

本日は新しいお知らせをしたくこの記事を書いています。なんについてかって?もちろんghostpia for Nintendo Switch(仮)について…です!


イベント出ます

超水道、イベントに出ます!イベントって言ってもコミケではなくて、コミティアでもなくて…!
2018年5月12(土),13日(日)、京都市勧業館「みやこめっせ」で開催されます、BitSummitに出展いたします!

 

超水道のページはこちら!

 

What's BitSummit?

 

スクリーンショット 2018-04-17 22.50.13

 

BitSummitってなんぞや? と思われる方も多いかと思うので、公式サイトから説明を引用させて頂きますと…

 

BitSummitは、京都で開催される日本最大級のインディーゲームの祭典です!選考を通過した国内外の開発中、リリース前、リリースされた約100タイトルのゲームを実際にプレイして楽しむことができます! また出展されたゲームから審査員がいくつか選定し、アワードが贈られます! まだ知らない魅力的なゲームに出会えること間違いなし! ステージイベント、フード、グッズ販売などなど魅力的なコンテンツも充実! 是非、インディーゲームの今を体感してください!

 

インディーゲームのお祭りですってよ! 奥さん!選考通るのかヒヤヒヤしてましたが、なんとか無事に通過してくれたようで。コミケとは違ってガチで商業やりに来てる方々と並んで出展することになるので、超水道みたいな単なるマイルドヤンキーが出ていって大丈夫なのかとかそもそも京都とか修学旅行以降だなとか色んな思いが脳裏を巡っておりますが、頑張ります。

関西にお住まいで、いつも超水道イベントが気になっていたけれど距離の関係で……な方も、ぜひご検討くださいませ。

当日は開発中の『ghostpia for Nintendo Switch(仮)』に触れるかも…!?

それはそうと

最近、こちらのページでの近況報告をしていなかったので、この機会に新しいお話を。

第4話の制作も公開もかなりいいとこまで来ているので、新キャラクターを紹介したいと思います。

 

どんっ。

新キャララフ

 

一番右の彼女ですね。女性です。真ん中は前の記事で紹介したっけ。

今回の彼女はghostpiaの女性キャラの中で一番背が高いのです。

他のキャラクターとはトーンがちょっと違いますが、ちゃんとghostpiaのキャラクターです。

 

惹かれるヘビーデューティー

 

 

69

 

話は変わりますが、「キャラクターの好み」ってあるじゃないですか。

漫画や小説、ゲームなんかで、なんだろう、「常に笑顔だけど闇を秘めたイケメン」とか「有能なオカマ」とか「かわいいけど電波な女の子」とか。

ミタは「大きくてタフな女性キャラクター」に惹かれます。タフっていうのは肉体的な強さのほかに、精神的なことも含んだ、そういうタフさで。あんまり可愛い可愛いしてないへビューデューティーな外見のほうが内面に集中できて見てて嬉しいなあ。うっとりしませんか、ヘビーデューティーな女性。

さて、そんなわけで、このキャラターはまさに「大きくてタフな女性キャラクター」なのです。愛情を込めて一挙手一投足を書いてあげたので、みなさんもどうかごひいきにしてあげてくださいませ。

それから例によって変な注文ばっかりつけてもめちゃくちゃいい感じに絵に起こしてくれたすずめくん、ありがとう!

 

それでは、今日はこのへんで。また別の記事でお会いしましょう!

 


 

いかがでしたでしょうか。
来月も引き続き超水道制作日誌(月報)を掲載していく予定です。
ではでは、次号(5月号)でまたお会いしましょう!

 

蜂八 憲

author:ミタヒツヒト, category:超水道月報, 20:00
comments(0), trackbacks(0), - -
ghostpia第4話あらすじ公開&「超水道春のTシャツまつり」

どうもこんばんは。ミタヒツヒトです。

 

・第4話、あらすじ出ました!

なぜ今日こうしてブログをこうしているかと申しますと。第4話『あの子といっしょでひとりの日』の情報が解禁になりまして、あらすじとキャラクターが公開になったからでございます!

 

https://ghostpia.xyz

 

ぜひご覧になってくださいまし。

 

あらすじにあるとおり、小夜子は新キャラクターの「レーニャ」にとても気に入られてしまうのですが、レーニャというのはただの女の子ではなく、お菓子屋さんで財をなした、幽霊の町きっての事業家であり資産家なのです。

ミェトという部下なのかお手伝いさんなのか、あるいは医療班なのかわからない得たいの知れない女の人も連れているし、色々と今までの人とはちょっと違う。というかマーガレットばあさんの時しかり、幽霊の町にはけっこう経済的格差があるみたいですね!

一方、小夜子は小市民なのでその格差にドン引きしつつもレーニャと一緒にいると癒やされていくのを感じる小夜子……みたいな感じですかね。

 

パシフィカ、あるいはヨルに引っ張られるかたちでコミュニティに復帰した小夜子ですが、今回は小夜子が単体で他人と関わっていことになるわけです。新しい友達、そして昔からの友達、そして同居人。小夜子はそれらをどう捉えてどんな風に付き合っていくことになるんでしょうか…お楽しみに!

 

・それからそれから……
 

もうすっかり暖かくなって、皆さん、Tシャツが欲しくなる時期ではありませんか?そうですよね、欲しい時期ですよね! Tシャツ最高!

 

と、強引な感じでつなげましてですね、この度、超水道はghostpiaのTシャツを販売開始いたします!

デザインはこんな感じでございます!

 

 

本デサインは超水道10年目にさしかかりつつある斑くん&わたしくミタが担当させて頂きました。

今回、販売は一枚から作れる系のオンデマンドサービスのSUZURIを使わせて頂くことにいたしました。

それでもって、このTシャツはゼロ円でございます!「いや値段書いてあるやんけ!」と思われたそこのあなた。まあ落ち着いてくださいまし。

 

・(超水道の利益が)ゼロ円Tシャツなのだ!
 

SUZURIさんのシステムでは、グッズの売値を決めるとき、まず最低額として原価があり、それにプラスして、クリエイターの「トリブン」を決め、原価と「トリブン」の合計額がTシャツの最終価格になるのです。

 

で、このTシャツは、超水道のトリブンがゼロなのでございます。だから、「(超水道の利益が)ゼロ円Tシャツ」なのです!

Tシャツってバンバン着たいじゃないですか。それなのに4000円とかしちゃうと結構しんどいじゃないですか。だから今回は可能な限り極限までお安くしてみました。2080円ならギリギリ普通に買えるかな…着れるかな…ってことで。

 

いまghostpiaも色々頑張っている時期なので、ちょっと変わったことをやりたいなと思って、こういうことを考えました。

この手の個人制作ゲームのグッズって、基本的に、買うことでクリエイターを応援する的な意味が大きいと思うんですよね。そういうのもいいけど、今回はちょっとそれを変えてみていて。

 

「買って利益で」応援してくださらなくても、今は大丈夫です。良かったらこの機会にご購入頂いて、「着て」応援してくれたら、ミタはじめ超水道は嬉しいです。

 

ghostpia ショートスリーブTシャツ 【kawaiiレーニャ】

 

ghostpia ショートスリーブTシャツ 【夜中の散歩】

 

しかーし、それでも「いや俺は金払うよ」という善意の方がいらっしゃいましたら、5000円バージョンもご用意がございます。

こちらをお買い上げ頂くと、3000円ほど超水道の懐に入りましてございます。

 

くださるというお金を無理言って断るのもそれは違うよなと思って設置させて頂いたものです。個人的に「いやそこお金払わせてよ」という無料の個人系コンテンツが多くてもどかしいので、いち消費者としての目線から必要を感じたという背景もございます。絵柄は完全に一緒です。したがって自慢はできません。購入の意味合いが違うだけです。ご承知おきくださいませ。

 

今回は気兼ねなく0円バージョンをお買い上げ頂いて本当にけっこうですが、もし「別におれ大富豪だし払うよ!!!」という方がいらっしゃいましたらご利用くださいませ。よろしくおねがいいたします。

 

ghostpia ショートスリーブTシャツ【kawaiiレーニャ】(5000円バージョン)

 

ghostpia ショートスリーブTシャツ 【夜中の散歩】 (5000円バージョン)

 

来週も、別のデザインを追加したいと思いますので、楽しみにお待ち下さい。

 

それでは!!

author:ミタヒツヒト, category:告知!, 16:04
comments(0), trackbacks(0), - -
エイプリルフールも終わったので……正式に!

どうもみなさんこんばんは。ミタヒツヒトです。

 

エイプリルフールお疲れ様でした

 

ghostpia.xyz、楽しんで頂けましたでしょうか。

(それから、社会人一年目のみなさまも、おめでとうございます! 日曜だからそんなことないと思ったけどTwitter見てたらけっこうみなさん入社式とかやってた…!)

 

今日は自分もTwitterなどなど拝見しておりましたが、こいつはマジで言ってるのかと楽しんで頂けたようで何よりです。すずめくんの動画制作技術に拍手!なんとなくできる感じでいたらウェブ上に動画置いて自動再生させる時の仕様が想ったより闇が深くてギリギリまで検証に付き合ってくれた他のメンバーにも拍手!

ということでですね、今回はその件についての更新となるわけですが!

手元の時計が正しくば、時刻は4月2日になったばかり。でも、相変わらずこの告知はサイトから消えていない……つまり……!

 

ghostpia for Nintendo Switch (仮)開発進行中!!!

 

 

マジでございます!!!

ちなみにghostpiaのgは小文字のgでございます(豆知識)!!!!

 

iOSで自分のアプリが出た時も『遠いところまで来たなあ』って思ったものですが、コンシューマーとなるとどうなっちゃうんでしょうか。自分のバンドが『メジャーデビュー決まりました!』みたいな気持ちですね!iOS版もだけど……頑張らねば!!!

 

詳細は追っての発表とさせて頂きたいので、ご質問にお答えすることはできないのですが、ただいまお話できることを全てここでまとめておこうと思います。

 

・超水道単体のリリースではなく、近日、サリーの法則 for switch の発売も控えた、京都のステキなパブリッシャー、room6さまと一緒にやらせて頂きます。超水道メンバーに負けず劣らずghostpiaという作品への愛を持ってくださってます。
 

・Switch版は、iOS版のパワーアップ版となります。なにがどうパワーアップするかはまだ発表できません。ごめんなさい。

発売時期は未定です。ご質問にはお答えできません。ご了承ください。ただ、この先の予定として決まったわけではなく、もう手を動かし始めている状態です。


・iOS版のリリースについては、当初の計画通り継続的に行います。価格ももちろん無料です。これについては次項にて。

今回のSwitch版とiOS版の立ち位置をテレビアニメに例えて、『無料で観られるTV放送版』『お金を払って観る劇場版』と置いてみると、なんとなく理解しやすいかもしれません。


・つまり、Switch版をプレイしていないと続きが読めないとか、そういう悲しい感じにはしたくないと思っているし、そうしないために十全の努力をしていく所存です。
 

とりあえず、現在お話できる部分は以上になります。

出せるようになり次第続報も出していきたいと思いますので、どうかよろしくお願いします。

 

ということで、みなさまお騒がせいたしました!そして、Switch版も期待していてくださいね!

 

それでは今日はこのへんで!

それでは。

author:ミタヒツヒト, category:-, 23:48
comments(1), trackbacks(0), - -
超水道制作日誌(2018.3月号)

こんばんは、蜂八憲です。

 

みなさんいかがお過ごしでしょうか?
蜂八はだいたい元気です`( ´8`)´

 

近頃は気温もけっこう高くなってきたせいか、色々なものが活動的になってきましたね。


鳥とか……虫とか……公式アカウントとか……。

 

 

超水道公式アイコンにロゴとか背景ではなく「キャラクター」が設定されたの、実は初めてなんですよね。

そう、公式アイコンはいわばチームの顔!

そして栄えある第一号に選ばれたのは──ghostpiaでおなじみクラーラちゃん!

 

選ばれたのはクラーラでした

 

なんだか、こうしてアイコンに設定されるとすごくしっくりきますね。

作中での「教会のシスター」という立ち位置もあってか、広報キャラといえばクラーラという感じ。(個人の感想です)

超水道公式ちゃんでは以前にもまして作品制作のオフショットやその他色々なお知らせを発信していきますので、今後ともどうぞ宜しくお願いしますm(_ _)m

 

そうそう、何やら最近 不穏 な動きを見せている公式ちゃんですが……

 

4/1 0:00に

重大告知があるらしいです!

 

 

こうご期待!

 

……

 

さてさて超水道月報、今回は3月ぶんをお送りします。

今月の更新は、こちらの2本立てです。

 

・山本すずめ……『ひと月前とかなり前と最近の話

・蜂八憲…………『今年はたくさん書くぞ!』

 

それではどうぞー!(ノ´8`)ノ

 


2018/03/05 山本すずめ

■ひと月前とかなり前と最近の話■

 

こんばんは、こんにちは、おはようございます、山本すずめです!

東京は少しずつ温かくなってきました。
末端冷え性で、寒さ耐性が低い僕にとって、冬の終わりはとても喜ばしいことです。
今年は特に寒かったので、ついに春だー!とテンションが上がっています。

 

ただ……春になるとね、今度は花粉がやってくるわけですよ。
重度の花粉症の僕にとって、これから初夏までの期間は花粉との戦い…
いやーテンションだだ下がりですね…。
良い花粉対策があったら、ぜひ教えてください。

 

 

◆コミティア出ました

 

2月11日、コミティア123に参加してイラスト集を頒布してきました。
『焼き鳥秘境』というサークル名で、個人参加としては3回目かな?

 

こういう作品を頒布してきました。

tokimeki | ちゅんちゅんショップ

個人の作品としては今回の『tokimeki』は、アナログで見てもらうことを意識して、紙には触り心地が柔らかい上質紙を選び、普段ほとんどやらない色の調整もみっちりやったりして、かなり力を入れて制作したので自分としても結構気に入っています。

 

※デジタルに比べると、インクの色の表現力はかなり乏しいのです(特に空の青色とか、ピンクとかはくすんだ感じに…)。

まぁ今の時代、PixivとかTwitterでも絵は見れるけど、印刷されたものには紙の質感だとか、インクの風合いだとかがあるわけで。
今回は「印刷されたものを見てもらう」ことを意識して頑張ったし、もともとアナログで絵を描いていた僕にとっては、やっぱり印刷されたもののほうが「絵!」って感じがあって、好きです。
僕の絵はデジタルイラストではあるけど、デジタルイラストっぽくないところがあるし(色とか派手じゃないしね)。

 

何が言いたいかというと…次もまた作りたいので、絵を気に入っていただけたらぜひ買ってください!ということですね。

 

委託販売もしています!

とらのあな
メロンブックス

ハイ、宣伝終わり!

 

 

◆DOOM買いました

 

そうです。ベセスダの、Switch版DOOMを買ってしまいました…。

 

あんまりやる時間ないってわかってるんだけど…わかってるんだけど買ったよ!
そして面白いです。
みんなグローリーキル楽しいって言ってるけど、普通にショットで倒した方が楽しいのは僕だけかな…。

 

実は、元祖DOOMをプレイしたことがあります。
ちょっと昔話になりますが(小学生くらいかな…)父親が会社の友人からDOOM(Ultimate DOOMだったかも…)とか、QUAKEとかを教えてもらって、家のPCにインストールしたのがきっかけでした。
父親とか兄弟がプレイしているのを横で見ていて、自分もやってみた、って感じですね。
でも「疑似3D空間で2Dのスプライトが高速で移動して襲ってくる」というビジュアルが怖すぎてw、DOOMはそんなにプレイしなかったんですね。

 

一方、QUAKEはめちゃくちゃやり込みました。
敵のデザインとか結構グロいのに、疑似3Dじゃなくて3Dなら大丈夫だったんですね。不思議。
ゴシック・ホラー的な世界観とか最高だったし、クアッドダメージ(攻撃力4倍になるアイテム)による爽快プレイとか、敵同士を戦わせたりするのも楽しかったな…。
最初は怖かったシャンブラー(白くて巨大なモフモフの敵)も、遊んでるうちに可愛く見えてきたりするんですよ。
追加ミッションのScourge of Armagonと、Dissolution of Eternityも新しい武器が追加されたりして面白くて……
って、このブログ読む人でこの辺の話分かる人いるかな…?

その後もFPSはやったりやらなかったりして、そのあとThiefにドハマリします。
これは本当に超オススメのゲームなんだけど話すと際限ないからやめる。

 

あ、最近のリブートTheifも悪くないけど、今は無きLooking Glass Studiosが作った1と2が最高なのでやるならそちらがおすすめです。(持ってるのはディスク版だけどSTEAMセールで100円くらいだったから買った…)
いや、本当に話すと際限ないからやめよう…。

まぁそんな感じで(?)久々のシングルプレイFPS、とても楽しいです。シークレット探すの大変。

ちょっと積みゲーが増えてきたので、コツコツ消化したい!

 

 

◆ghostpiaのイラストのお話

 

おととい、超水道公式君がTwitterでつぶやいていた内容。

 

これについて、ちらほらと「複数人で描いているの、マジか」とか「知らなかった」という反応をいただきましたが…これはマジです

 

ghostpiaのイラストは、まずシーンに合わせてラフを起こし、そのラフを基に構図を練り、線画を起こし、色を塗って、いろんな画像加工処理を施して……完成!となります。
ラフは僕が起こしますが、その後の工程は絵によって僕だったり斑くんだったり、はたまた別の方だったり…というやり方をとっているため、絵柄を統一するために上記のツイートのような修正を加えることがしばしばあるのです。

 

cf20180305

 

それでも隠しきれない個性というか……作業者それぞれのこだわり、得意不得意、描き方の違い、というのが滲み出て来るのが、絵の面白いところ。
特に4話は、今までよりもはるかに斑くんの活躍ぶりが窺えるので、注意して見て欲しいですね!
どこを誰が描いているか、想像を膨らましながら遊んでいただけると、ちょっと違う楽しみ方が出来るかもしれません。

 

というわけで、本日はこれにて!

 


2018/03/25 蜂八憲

■今年はたくさん書くぞ!■

 

こんばんは、蜂八です。

 

◆ghostpia4話の制作状況

 

※画像は開発中のものです

 

ghostpia4話制作も正念場……!
ビジュアル作業もさることながら、スクリプト作業もガンガン進めております。
蜂八は4話の前半部分のスクリプティングを担当しているのですが、やっぱり楽しいですね。
文章とビジュアルが連動して動いているのを見ると、アプリとしての「完成形」がぐっと近づいた気がしてわくわくしてきます。

皆さんのもとに一日でも早くお届けできるよう、引き続き頑張っていきます!`( ´8`)´

 


◆蜂八の新年(度)の抱負

 

ところで話は変わりますが……
みなさんは覚えているでしょうか。

1月にすずめさんが“新年の抱負”として今年はたくさん描くぞ!と題した記事を執筆したことを。

 

実は、自分も前回の記事更新の際に「新年の抱負」を書くつもりでいたのですが、前回は超水道iPhoneアプリ改修状況のご報告をする必要があったため、今回改めて記事にすることにしました。

 

もうそろそろ4月だからね! 新年度ですね!

 

というわけで、すずめさんにならって、僕も抱負を述べたいと思います。

 

 

◆「今年はたくさん書くぞ!」(タイトル回収)

 

現在、超水道では『ghostpia』を長期連載形式で制作しております。

ぼく蜂八憲とミタヒツヒトは同じく「シナリオ担当」なのですが、ひとつの作品を一緒に書くということはありません。

一方がライターを担当する時、もう一方は他の役割をもって後方支援を行うことになります。

 

よって、ghostpiaにおける「シナリオライター」は1話からずっとミタヒツヒト一人であり、蜂八憲は「制作進行」としてシナリオ・ビジュアル・スクリプトなど全体的なスケジューリングを行っています。

とはいえ、この「制作進行」を自分が担当するようになったのも第3話から(2017年以降)のことです。

 

「じゃあそれ以前はずっと何をしていたのか」って?

基本としてはghostpiaのスクリプト作業を担当していて、
時には商業のお仕事を受けさせて頂いたり、
また時にはコミケで絵本を出したり……。

 

それから、お話の「案」をちまちまと作ってみたり。

でね、昨年末にふと思ったんです。

「案」はもういっぱい貯めたから、そろそろ超水道でノベルアプリとして出すための「シナリオ」を新しく書きたいなって。

 

 

そういうわけで、このまえ超水道の会議でプレゼンをして、メンバーの皆から了承をもらいました。(ありがとうみんな)

 

今年中に改めて「蜂八シナリオ」に関するご報告ができることを願いつつ、本日はここで筆を置かせていただきます。

 

それではまた!

 


 

いかがでしたでしょうか。
来月も引き続き超水道制作日誌(月報)を掲載していく予定です。
ではでは、次号(4月号)でまたお会いしましょう!

 

蜂八 憲

 

author:ミタヒツヒト, category:超水道月報, 20:00
comments(0), trackbacks(0), - -
超水道制作日誌(2018.2月号)

こんばんは、蜂八です。

みなさんいかがお過ごしでしょうか。

 

蜂八はだいたい元気です。

 

さてさて超水道月報、今回は2月ぶんをお送りします。

今月の更新は、こちらの3本立てです。

 

・蜂八憲……………『超水道iPhoneアプリ改修状況(2018/02/03)』

・ミタヒツヒト……『C94申し込みました超水道!』

・斑…………………『雨にも風にも雪にも負けて、特に丈夫な身体でもない斑の日誌』

 

それではどうぞー!(ノ´ω`)ノ

 

 


2018/02/03 蜂八憲

■超水道iPhoneアプリ改修状況■

 

こんばんは、蜂八憲です。

本日は、現時点での超水道iPhoneアプリの改修状況についてご報告したいと思います。

 

 

◆対応概要

 

現在、超水道ではghostpia4話の制作と並行して、過去作のiPhoneアプリ(32bit版)について昨年9月から改修作業を行っております。すでにご存知のiPhoneユーザーの方々も多いかと思いますが、旧版(32bit)アプリの扱いについて、現時点でのiOSの最新バージョンであるiOS11では以下のような仕様になっております。

 

◎旧版(32bit)アプリは、起動不可
◎旧版(32bit)アプリは、AppStoreの検索結果に表示されない

 

上記の仕様に対応するため、過去に超水道がリリースした旧版(32bit)アプリを最新版(64bit)に改修しており、あわせて現在の周辺状況に即した形で最適化を行っております。

 

 

◆'99の改修が完了しました!

 

かねてよりお知らせしていた『‘99 〜恐怖の大王と放課後の女神〜』の改修対応の進捗についてですが、修正作業ならびにデバッグが完了し、Appleの審査も無事に通過しました!

 

現在はAppStoreでも表示されますし、DLも可能となっております。既に旧版のアプリを入れていらっしゃる方は、アップデートして頂ければ問題なくプレイすることができます。

 

 

 

◆対応状況一覧

 

改修対応が必要な過去作アプリにつきまして、
現時点での対応状況は以下のようになっております。

 

【対応完了】
『森川空のルール』
『ヴァンパイアハンターHIROSHI 〜Around The Clock Show!〜』
『ヴァンパイアハンターHIROSHI 〜The Halloween party!〜』
『‘99 〜恐怖の大王と放課後の女神〜』

 

【対応中】
『ボツネタ通りのキミとボク』
『森川空のルール・再』
『佐倉ユウナの上京・上』
『佐倉ユウナの上京・下』

 

対応中の残り4作品につきましても、引き続き作業を進めてまいります。

対応完了の際には随時アナウンスしていきますので、申し訳ございませんが、いましばらくお待ちください。

 


2018/02/11 ミタヒツヒト

■C94申し込みました超水道!■

 

こんにちは!

本日の担当はミタヒツヒトでお送りしております!

 

そして、ハイカライブめっっっちゃ良かったですね!!!

 

はい、以上!!!!

 

……というわけにもいかないので

今日がバレンタインデーだと思ってバレンタインデーの話しようと思ってたんですけど、まだ全然11日でしたね……

うーん、最近、日付の感覚がぜんぜん無いなあ。今週の月曜、オフィス用の椅子を通販で買ったんですが、16日に届くよう指定して『今週の金曜に届くんでよろしくっす!』的なことを言ったんだけど金曜の通勤中に『あれ今日って16日じゃなくね!?』ってなったり。

でもghostpia制作のタイムスケジュールだけはちゃんとハッキリ認識しているのでご安心ください!色々追い込みになってきて「今週」「来週」「再来週」くらいにタスクが具体的になってきているからかもしれんけど。がんばるぞー。(申し訳程度の進捗報告要素)


◆Twitterで言ってたやつ

 

あ、この前Twitterで『15000円くらいでいい椅子知らんかね』的なことを言っていたと思うんですが、あの後色々あって結局中古のシンクチェアにしました。(ていうか上の16日事件のやつがこの椅子ですね)

いまオフィスで使われている椅子が『腰破壊機』と呼ばれるレベルで座り心地がうんこなので腰が爆砕する前に早いとこ逃亡する必要があります。

シンクチェアってのはええっとこういうやつです。(なんと意識の高いサイトでしょうか!)

肘掛け付き昇降つきのやつですが、中古なのでお値段もリーズナブル! 新しい相棒と一緒にシノギの方も頑張るぞー。


◆夏コミ申し込みました

そんな日常ネタで字数を稼いだところでで本日のメインコンテンツですが、超水道で今年の夏コミを申し込みました!

サークルカットどーん!

 

超水道C94サークルカット

 

ghostpiaの制作報告に現れては消えるこの彼女ですが、サークルカットも独占した次第であります。大物感があります。

なお、今回は山本すずめくんの個人サークル『焼き鳥秘境』との合体申し込みに挑戦してみました。

 

Image uploaded from iOS

 

はてさてどうなることやら……

ということで!

サークルカットの彼女も大活躍するghostpia第4話、どうか楽しみにお待ちください!

 

それではまた!

 


2018/02/18 斑

■雨にも風にも雪にも負けて、特に丈夫な身体でもない斑の日誌■

 

お久しぶりです!斑です!!

最近風邪も流行っているので予防をしていきたいですね!
みなさんも外出する際は気を付けてね!

超会議やコミティアがあったのに行かなかった斑に死角はないのであった。(べつにボッチではないぞよ…ないぞよ!!)

 

 

◆モンハンワールド購入したよ!

 

少しだけプレイしましたが、グラフィックがとても綺麗で純粋に感動しました。
モンハンシリーズはそこそこプレイしていますが、今までの携帯機のグラフィックに少し不満があったので本当にありがたいです!

あと、キャラクリエイトが高性能で驚きました!
3Dゲームでここまで細かいところまで選べるのはかなり珍しいですよね。
キャラクリエイトが面白すぎて1時間以上冒険に出るのが遅れてしまいました・゚・(。>д<。)・゚・

とりあえずプケプケがかわいい

なんとか時間を作って進化したハンターライフを楽しみたいですね ୧꒰*´꒳`*꒱૭

 

 

◆スプラトゥーン2で念願のウデマエSに!

 

先日少しずつプレイしていたスプラトゥーン2で…ウデマエが……『S』になりました!!
ルールはエリアです!やったね!!ヾ(⌒(ノ^ω^)ノわーい
無印のころからあった宿願のS帯ですよ!!!

でも武器は、完全に環境最強のものを使用したので基本的に撃ち負けることはありませんでした。

いやー強武器って使う方も罪悪感がありますねー。あーもうしわけねーわー。つれーわー。

 

やっぱり強いなぁ…

 

リールガンD

 

 

bom

 

 

Screenshot_20180217-154903

(嬉しかったからスクショ撮ってしまった…!!)

 

全ルールでSを目指したい!!
やがてはS+にもなってみたいですねー。

 

 

◆ゲームだけじゃないよ!作業もやってるよ!!

 

仕事は半日、ゲームは1時間、作業は時間の許す限りの、よく出来た小学生みたいな生活をおくっている斑と申します。どうぞよろしく。
そんなわけで今回もぼくの作業をチェキ(無断掲載)って終わりにしたいと思います。

 

DSC_0009

 

2月の後半戦も健やかに頑張っていきましょう!

以上斑でしたー!!

 


 

いかがでしたでしょうか。
来月も引き続き超水道制作日誌(月報)を掲載していく予定です。
ではでは、次号(3月号)でまたお会いしましょう!

 

蜂八 憲

 

author:ミタヒツヒト, category:超水道月報, 20:00
comments(0), trackbacks(0), - -
超水道制作日誌(2018.1月号)

こんばんは、蜂八です。

みなさんいかがお過ごしでしょうか。

 

蜂八はだいたい元気です。

 

そうそう、このまえ(1月に)水道局から「漏水してるっぽいぜ」ってお便りが来たのですよ。それで水回りを調べてみたら、屋外にある洗濯機のホースに亀裂ができてまして。

 

思えば水道トラブルに遭遇するのって個人的には人生初のイベントだったんですね。

「超水道でライターをやってます」なんて言い方をすると、ごくごくまれに「水道工事に強そうですね」とか「ジャンルはやっぱり水まわりなんですか?」とか「蛇口×コップはアツいですよね」とか返してくださる方がいらっしゃるのですが、残念ながら超水道メンバーは水道そのものとはさほど縁がございません。

 

そこに来てこの水道トラブルですよ。「ついに……!」っていう謎のイベント感がありましてですね!(何

 

洗濯機ホースを交換しながら「水道トラブルに見舞われた超水道……プフフッ」とか非常にどうでもいいことを考えつつ、ついでにTwitterでネタにしようと思っていたのですが、そうこうしているうちに2月になってしまいました。

 

ですので、この場を借りて言わせて下さい。

 

`(´ 8`) ´< 水道トラブルに見舞われた超水道!

 

`(´ 8`) ´< 水道だけに!

 

`(´ 8`) ´ ……………………

 

`(´ 8`) ´< 水道だけに!!

 

あー満足した

 

さてさて超水道月報、今回は1月ぶんをお送りします。

今月の更新は、こちらの2本立てです。

 

斑『新年あけました!』

山本すずめ『今年はたくさん描くぞ!』

 

それではどうぞー!(ノ´ω`)ノ

 


 

2018/01/08 斑

■新年あけました!!■

 

あけましておめでとうございます!

お久しぶりです!お餅を4個食べたら胸焼けをおこす歳になった斑です!
今年もどうぞよろしくお願いいたします!

 

 

◆ガス管に…亀裂さん!?

 

年始に起きた地震のおかげ(?)なのかガス管に亀裂が入り、ガスが漏れてました。とても縁起がいいですね!!(無理矢理)
年始なのに掃除が捗りました!幸先がいい予感!?(白目)
年始はまったり何もしない予定でしたが、暇を持て余さず、いい休日でした!!!

 

bom

 

嫌な顔せずに作業して、颯爽と撤収したガス工事のお兄さんには、とてもあこがれました。
ありがとーーー(赤いタンクトップ&天使スタイル)

ぼくの将来の夢がガス工事のお兄さんになりました!

 

bom

 

皆さんは良い年末年始をすごせましたか?
今年も有意義で良い一年になりますように祈っております!

 

 

◆'99の64bit化が間もなく終了します!

 

現在、最終工程を行っています。
大変おまたせしていますが、近日中には皆様にお届け出来ると思うので、
どうぞよろしくお願いします!

 

 

◆ghostpia4話について

 

DSC_0014

 

4話の制作もガンガン進んでいます。
まだまだお話出来ることも少ないのですが、メンバーの目を盗んでこっそりぼくの作業風景をチェキってみました!
まとまった情報もこれからどしどし公開されていくと思うので、ぜひご覧いただければと思います!!

 

 

今年は昨年以上に皆様へ超水道をお届けできる年になれればと思います。
2018年も斑共々超水道をよろしくお願いします!

斑でしたー!

 

bom

 

 


 

2018/01/20 山本すずめ

■今年はたくさん描くぞ!■

 

明けましておめでとうございます!
最近バーチャルYoutuberにハマっている山本すずめです。

ミライアカリちゃんの壺ゲー凄いですよね、、上手すぎる。
あと順番に殴られたい。

 

あ、あけおめイラスト描きました。

 

 

◆すずめの新年の抱負

 

2017年は制作を通して、本当に色々と考えさせられた一年でした。
あんまり成果として表に出せるものは無かったけど、いろんな事がたくさんあったし、学ぶことも多かったです。

それを踏まえて、今年はghostpiaだけじゃなくて、個人的にもたくさん絵を描いて…
イベントとかにも積極的に参加したり、みなさんにもっと絵をお披露目できるように頑張りマス!

というわけで…直近のイベント参加のお知らせ!

 

 

◆コミティア出るよ!

 

comitia123cut

 

2月11日、コミティア123に参加します!
スペース番号は【ち25a】 、個人サークル「焼き鳥秘境」名義です。

最近の絵と、未収録の絵とかをまとめたイラスト本を頒布予定です。
まだ詳細決まってないんですが(ヤバイ…)ぜひぜひ当日来ていただけると嬉しいです!
よろしくお願いします!

 

 

◆ghostpiaのお話

 

さて、ghostpiaの絵の制作もガンガン進んでおります!
だんだん色も入ってきて、俄然楽しくなってきました…(ΦωΦ)

 

71

 

4話もとても濃厚です(画面は制作中のものです)

ミタくんもたまにツイートしていますが、4話は本当に作画にこだわっています。
僕も斑くんも張り切って制作していますので、お話ももちろんだけど、ぜひとも注目していただきたいです!

 

 

◆最近のすずめ

 

そういえば、まっっったく関係ないけど、CCさくらクリアカード編の放送が始まってますね!
みなさんはご覧になりましたか?
(僕はd-animeストアで観れるにも関わらず、地デジ放送も録画するという(!?)ダブル視聴態勢です)

まだ観ていない方は、エンディングの部分だけでも!!いいので!
ぜひd-animeストアとかで観てください!!!
可愛すぎて悶絶します。
ありがとうございました。

 

今年もよろしくお願いいたします!

 


 

いかがでしたでしょうか。
今年も引き続き超水道制作日誌(月報)を掲載していく予定です。
ではでは、次号(2月号)でまたお会いしましょう!

改めまして、今年もよろしくお願いいたします。

 

蜂八 憲

author:ミタヒツヒト, category:超水道月報, 20:00
comments(1), trackbacks(0), - -
Drawing with...

今日の話題は

 

こんにちは、ミタヒツヒトです。

今日はghostpiaの話題でもアプリの話題でもないお知らせです。

本日、17時より、Drawing with Wacom のサイトにて、すずめくんの記事が公開されました!!

 

Drawing with Wacom 079 / 山本すずめ

 

すずめくんのインタビューと、書き下ろしイラストの制作過程がばっちり収められた動画がご覧頂けます!

 

Drawing with Wacom とは?

 

とは言っても「なんだそりゃ」って方も多いと思うので、軽く説明をば!

ペンタブでお馴染みWacomさんの企画で、毎回イラストレーターさんを招いてインタビューと、そしてWacom製品を使ったイラスト制作のデモンストレーション動画を公開している素敵プロジェクトなんですね。

動画自体はyoutubeにアップされていて、再生リスト見るとガーッと出てくるんですけど、

https://www.youtube.com/playlist?list=PL932AB0958975441F

 

顔ぶれが……豪華!

なんだか嬉しくなっちゃいますね。

 

せっかくなのですずめさんから一言

 

嬉しいので仕事中のすずめさんを捕まえて一言もらってきました!


収録が去年の12月で、その時ゲーム素材じゃない絵を描くのが久しぶりすぎたので、人前で絵を描く練習とかを家でしてましたw 僕としてはなかなか良く描けたと思ってます! ぜひ動画・インタビューと合わせてじっくり観ていただけると嬉しいです。 来月コミティアにも出るのでよろしくね!

このことです!!!

そう、すずめさんコミティア出るんでした。

 

ということでコミティア宣伝

山本ずずめの個人サークル『焼き鳥秘境』が2月11日開催のコミティア123に参加します!

スペース番号は 【ち25a】みんなですずめさんに会いに行こう!

なお当日はイラスト本を頒布予定だそうです。まだ細かいことは未定だと思うので、詳細は山本すずめのTwittertumblrをチェックしよう!

 

ということでBoothの宣伝

山本すずめに興味を持ったあなたは超水道Booth支店へどうぞ!

山本すずめの過去のアートワークがぎっちり詰まったイラスト集や、ghostpiaの下絵が怒濤の勢いで詰まったDraftpiaなんかもありますよ。あっあと漫画もある。これはミタが原作やらせてもらいました。

うーん、新商品出したい。

 

以上、宣伝でした

今日はほんとにこれだけです!

もう一つ実は続報もあるんですが、それはまたの機会に。近いうちに。

それではまた!

author:ミタヒツヒト, category:-, 17:46
comments(1), trackbacks(0), - -
2017年もありがとうございました

あいさつ

どうもこんにちは、ミタヒツヒトです。 大晦日ですしね。先週に引き続きブログ書きます!

なんていうか、あれですね……

コミケ参加すればよかったッッッッ!!!

冬コミの無い年末は実に7年ぶりです。コミケの無い年末の過ごし方を完全に忘れ去ってしまっています。手持ち無沙汰感しか無い。なんだこれ。既刊だけでいいから出ておくべきだった。一年終わる感が全然ない。なんだこれ(二回目)。

よくわかんなすぎて死ぬほど寝て過ごしてしまっています。微妙に積み残してる仕事とかやればよかった。なんなら大掃除だっていい。何かやればよかったのに。反省。

 

今年もお疲れ様でした


今年も色々ありましたが、どっちかというとおだやかな一年だった気がします。去年は10月から転職して、今年も前半ぐらいまではかなり不慣れな感じがあったのですが、まあまあ慣れてこれたのでよかったなあという感じです。

 

 

2017年よかったこと

今年は超水道的にも今年は内部的に動きが大きかった一年だったので、内部的に良かったことをここに書き出してみようかなと思います。

 

 

  • ・夏コミで出した『Draftpia#2』がカバー付きになったのは嬉しかった。ちゃんとしてる感が段違いなので予算の許す限りこれで頑張りたい。
  • ・ghostpiaの制作体制を一新して、ある程度コントロール可能な程度に制作スケジュールを切れるようになったこと。いかに今までの開発体制が無秩序だったか思い知りました。文明をもたらしてくれてありがとうございます。蜂八さんには負担を強いる形になってしまったけれど、効果は覿面だったなと思います。
  • ・イラストチームの連携が非常に良くなった!すずめくんは持ち前の創意工夫力で、前にも増して高速&高クォリティな絵を安定して描いていけるフローを構築してくれている。そのせいかわかんないけど、作画の質がさらに上がった。すごい。
  • ・斑くんは自分にもまして色々と動きがある一年だったと思うんだけど今まで以上に時間をたっぷり使って新しいことをたくさん覚えてくれて守備範囲を広げてくれたのは本当にありがたいです。来年もたくさんすずめくんの肩をもんであげてください。
  • ・自分?特に無いかなあ。えっと、すぐ熱出すのなんとかしろ。

 

悪かったこと

 

  • ・密かにghostpiaの第4話も今年中にリリースしようとしていたんだけど、間に合わなかったのが心残りです。完全にこのへんは自分が手ぬるいとしか言いようがないので、あとはもっと頑張るだけだな…
  • ・上でこんなことを言っていて「リソースどうすんじゃい」って感じですが、それでもなお、冬コミ出れば良かった……えっとつまり、ghostpia#4も出して冬コミにも出れるくらいのリソース管理をしっかりできなかった、ってことかな。めちゃくちゃ疲れるけど、一年の最後に思いっきり疲れるって結構気持ちのいいことなんだって。

 

来年の目標

 

  • ・ghostpiaのリリース速度をもっと早くする。ただ今年は色々あって「濃度を保つ為には時間をかける必要がある」ということを知った一年でもあるので、ちょうどいいところを見つけられたらなと思っています。でも少なくとも今よりは早くなきゃいけないけど。
  • ・あとここ数年色々とグッズ製作サービスが盛り上がっているのでちょっと利用してみたい。色々と手広く、ちょっと変わったものとかも今は簡単に作れるし。「こういうのあったらいいね」っていうのがあったら教えてください。ただし予算と相談な!
  • ・2017年いろいろやって仕事の方でいくらかDTP能力も上昇したと思うので、こだわった感じのちょっと頑張っている系同人誌とか出したいなあ。仕事でやるのと自分でやるのとは全然意味が違うと思うんですよ。

 

来年も頑張ります

というわけで、簡単にではありますが、今年のふりかえりと来年の抱負をまとめてみました。 お金も時間もあんまり無いけど、やる気だけはあるので、がんばるぞー!

2018年も、超水道をどうかよろしくお願いします。

author:ミタヒツヒト, category:-, 19:57
comments(1), trackbacks(0), - -